出版界も不況

b0035524_8311988.jpg

もう、この雑誌は見られないようです。

この出版社「あいであ・らいふ」が自己破産を申請しました。
年商6億3000万円で負債が24億6000万円・・・・・通常では考えられないバランスです。

男性ライフスタイル誌の先駆けだと思いますが、今やライフスタイル誌は多種、本屋さんに平積みされています。

「主婦の友」、「ロードショー」、「プレイボーイ日本版」、「月刊現代」など、著名雑誌の休廃刊も今年はありました。

やはり、本や雑誌を読む時間よりネットを見る時間の方が長くなり、広告収入もネットに抜かれたことが一番の要因でしょう。

住宅業界でも「FPの家」で急成長した、ジャスダック上場の「松本建工」さんが民事再生の申請をしました。
負債総額は134億8900万円。

ただ、出版界では「カラマーゾフの兄弟」が100万部、「蟹工船」が50万部売れるなど、良質な本は売れているという現状もあります。

私どもも、住宅界でそういう工務店になれるよう頑張りたいと思います。

ライフスタイル誌は本屋さんでの立ち読みが多かった私ですが、この「男の隠れ家」は買って来ました。

・・・・・遅かったですね・・・・反省・・・・(汗。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

リフォームチームのブロブ「リフォームNow

創建舎のホームページ

b0035524_11322932.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

いつもぽちっとありがとうございます。  ↓また応援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。
by kazuo-nakazato | 2008-12-17 08:51 | ひとり言 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/10047478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 信州に移住した人生-長野.. at 2008-12-19 11:52
タイトル : 蟹工船
最近多忙で探検に出ておりませんので今日も画像がありません。最近あまり本を読んでいないなぁ~と思い、昨日書店へ行き物色していたところ「蟹工船」が目に付いたので買ってきました。社民党の福島党首が麻生総理に読むように勧めたのは漫画蟹工船らしいのですが、活字を買ってきました。まだ読み始めなのですが、戦前の雇用が苦しかった時代のことが書いてあります。本当は、「沈まぬ太陽」を読みたかったのですが、かなりの長編... more
Commented by S.O at 2008-12-17 10:44 x
本はネットで図書館予約ができるようになってから、もっぱらそれです。人気作家の新作は300人待ちなどありますが、以外に早く回って来ます。どうしても手元に置きたいもの以外買いません。物を増やしたくないので。ただ、姿勢として間違えているのは感じています。良い物は買って、逆に図書館に寄付すべきなのですよね。正当な評価をするために。
Commented by オケラ at 2008-12-17 12:17 x
歳をとると雑誌の細かい文字が読めなくなるんですよ。
なんであんなに細かい文字にしちゃうんでしょうね。
あれでは、年寄りは読むなと言ってるようなもんで……。
高齢化とともに雑誌が売れなくなるのは当然のことかと思います。
だから、僕なんかは音で情報を入手できるPodcastに嵌まったりするわけです。
Commented by kyoco-chan at 2008-12-17 12:21
雑誌ね・・ たしかに立ち読みしちゃう。
文庫本ですら、立ち読みできちゃうし。
でも、ほんとに欲しいものは買ってるけど、本でもCDでも。
本には本のよさがあって、ネットには代えられないこと
たくさんあったはずなんだけどね。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-17 12:29
S.Oさん、そういうやり方もあると思いますが、本が増えるのは置き場に困りますね。
図書館に寄付もいい考えですね。
私は先日ブックオフに売りましたが、二束三文でした。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-17 12:30
オケラさん、確かに今見てみたら文字が小さい!
バックが白でないところは、もっと見難いですね。
高齢化と雑誌の売上は連動していたんだ~。。。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-17 12:32
きょこちゃん、ネットに代えられない本のよさってなんだろう?
・・・・オヤジがこれだから・・本は売れなくなるね(恥)。
Commented by suruga_fudosan at 2008-12-17 16:54
これ以外にも、今年の3月には北海道の「木の城たいせつ」が倒産しましたね。デザインは
ともかくとして、地元に根差す工務店としてベンチマーク的な存在でしたから、ショックでした。
「明日は我が身」にならないよう、中里さんを見習って頑張らなくては・・・と、心に誓いました。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-17 18:01
suruga_fudosanさん、不動産事業はかなり大変になって来そうですね。
「木の城・・・」は地元の評判は良くなかったと聞いておりましたが・・・。
駿河工房さんに見習っていただくなんて、10年早いと思います(笑)。
Commented by かりん at 2008-12-17 18:28 x
男の隠れ家は美術館特集の時購入しました
写真も美しく良い雑誌だったのに残念ですね!
やはり 写真をふんだんに使うとコストがかかるのかしら…
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-17 19:17
かりんさん、時々特集でいいのがあったんですよね。
確かに内容が濃い割には値段は安かったですね。
でも、この雑誌だけでなく、これからどんどん廃刊になるそうです。。。
Commented by kyoco-chan at 2008-12-17 20:35
本を読むときってね・・それが雑誌でもなんでも、
私の場合は、心地よい空間を、それなりに作って
いい気分に浸っていたというか・・
その世界に入り込めるように・・お茶も用意して
赤毛のアンの気分になったりしていたんだけど、
PCで情報を集めるって、結局、便利で片手間で
優雅に楽しむ時間ではなくなってしまった気がするの。

答えが幼稚で^^; こんな風にしか説明できず、お恥ずかしい。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-12-18 09:23
きょこちゃん、ありがとう!
感じはよく伝わってきました。
本を読むって、時間に自由な時なんだね。
忙しいと読まなくなるし、余裕がないと読む気にもならないし。
ネットだと便利でも、時間と空間を楽しめないですね。
いい感性していますね(尊敬)。
<< 酒も大手から地域産業に うれしい地産品 >>