ツルツルがお好きですか?

b0035524_14522349.jpg

内装の壁に塗っている、珪藻土。

内装の壁の多くはクロスが貼られていますが、それも塩ビで出来たビニールクロスが多いです。

ビニ^ルクロスは化学物質に過敏な方は、塩ビを柔らかくする可塑剤の臭いで気分が悪くなったりします。

火事で燃えた時は、ものすごい黒煙を出し火よりも先に人にダメージを与えます。

また壁の内外の湿気が通過するのを妨げますので、安いですが使わないほうが賢明です。

クロスの場合は通気抵抗の小さな紙質で出来ているものか和紙をお勧めします。


さて、珪藻土は左官職人がコテで塗りますので、クロスのように平坦にも出来ますがコテむらを出して、かえって味が出ます。

でもまだ多くの方は、こういう壁を見て決まって「これで終わり?」、「埃がついて掃除が大変ではない?」と聞かれたりします。

こういう感性が無機質で均一な化学建材を生み、日本の家を味気ないものにしています。
ビニールクロスが廉価なだけでなく、これだけ広がった要因だと思います。

ムラのない樹脂シートを貼った枠や建具、家具がほとんどの日本のマンションやホテルを飾っているわけです。

几帳面な日本人のいいところは残しながら、人間の本能に響くような感性が広がるといいですが・・・。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。


私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_15125625.jpg

エネルギー消費1/2、電力消費1/2を目指そう


リフォームの新しいHPが出来ました

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2011-08-07 15:16 | モデルハウス(我が家) | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/16076032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 異邦人 at 2011-08-07 19:57 x
少しむらがあった方がいいですね。完全な打ちっぱなしより
つまりその。。和洋折衷でも和の方に合わせてる感じがします。
Commented by tanaka-kinoie at 2011-08-07 20:16
同感ですね!!
全く影が無く平滑に仕上げるのが左官壁なんだと思いこんでいる人がまだまだいますね。
Commented at 2011-08-07 21:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yusuke-i77 at 2011-08-08 18:14
>几帳面な日本人のいいところは残しながら、人間の本能に響くような感性が広がるといいですが・・・。
共感です。「みんなと同じが良い」とい思考が強く、個性や感性が失われてるように感じます。
自分もそうならないように、磨かなくては(爆)
Commented by kazuo-nakazato at 2011-08-09 08:45
異邦人さん、レスします(笑)。
バランスですね。無垢の木も針葉樹が多いと、しつこくなりますが広葉樹の柔らかい木目を混ぜると落ち着き感が出ます。
Commented by kazuo-nakazato at 2011-08-09 08:46
田中さん、確かにツルツル仕上げはそれで難しいですが、思ったように仕上げ面を工夫できるのは相当な技術でもありますね。
Commented by kazuo-nakazato at 2011-08-09 08:47
伊藤さん、相羽さんと同じがいいと成らないでくださいね(笑)。
<< レトロな店「葡萄屋」 税務所員がやって来た >>