リフォーム定価制の不思議

b0035524_9501844.jpg

先日、古い家の全面改修を考えているある人から「大手業者さんから約坪35万円です」と言われた、と聞きました。

実は、多くの大手リフォーム業者さんは定価制か、それに近い形を取っています。

何故、築年数が違い、また施工状況も不明な家の全面改修の費用を、非破壊で中を見ないで金額固定できるのでしょう??

一般の人が考えても(私のカミさんが考えても・・・笑)、オカシイと思うはずです。


でも・・・・そういう事業の売り上げは飛躍的に伸びているのです。

その要因は・・・「いくらかかるか不明では怖くて頼めない」・・・という不安感を定額で安心させられるからでしょう。

しかし、始めにわかるわけない vs 定額だから安心  は矛盾がありそうですが・・・。

・・・・非破壊での定価は、非破壊での改装工事費だということです。

当然、オプション工事がたくさん発生し易いことにつながり、結局高いものになる場合が多いのではないでしょうか。。。

そうでなければ・・・臭いものには蓋をする・・・ということに・・・。


人や会社、またその仕事を見ないで進めると、企業知名度や分かり易い(分かり易そう)という方に気が向きます。

一方工務店は「値段の書いていない寿司屋」と言われないように正直な情報発信に努めなければなりません。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。


創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ


リフォームのHPです

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2011-11-12 10:24 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/16830778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2011-11-12 11:15
住宅価格の判りにくさを解決したところが、この事業のイノベーションで、それが多くの市民に支持されているのでしょうね。プロではなくてもちょっと考えればおかしいことには気が付くと思いますが、それ以上に価格を言いきって頂ける魅力が大きいと思います。私たちももっと判りやすく理解しやすい価格提示の方法を考えて行かないといけませんね。
確かにあえて壁の中を見ないようにしているようですね。腐った柱や土台が出たら、オプション工事を取るよりも工期が伸びたり手待ちが生じることの方がリスクだからですね。
2割近くが利益の出ない工事になるようですが、反対に50%以上の利益が出る工事もあり、押しなべて考えると事業として面白いようです。そしてこういう会社は、下請け孫請けに任せて、自分たちはリスクを負わないようにしているようです。結果として中里さんが言う責任者不在の工事になるのでしょうね。
Commented by kazuo-nakazato at 2011-11-12 13:19
迎川さん、本質的に分かり易くするのと、本質を避けて自分に都合のいいように持っていく手法で分かり易くするのとでは、まったく違うと思います。
<< 食べ切れなかった上棟式 コンクリート試験 >>