宣伝しないギタリスト、増渕利昭さん

b0035524_13244047.jpg

昨晩の増渕利昭さんのギターリサイタル @横浜大倉山記念館ホール

仕事先から駆け付け、ギリギリで間に合ったのはいいですが、あの辛い坂道を急いで登ったので心臓は破裂寸前でした。

増渕さんは毎年1回リサイタルをされますが、宣伝もしない、チラシも作らない、
おまけに、チケットも作らない・・・大らかなギタリストです。

mixiやfacebookで宣伝位すればいいのに、と思いますが、ご自身が主宰する
LECGCのホームページの「これからの演奏会」にも載せていない始末。。。

それでもいつもそこそこの聴衆が聴きに来ているのですから、大したものです。

第一部は、H.ヴィラ=ロボスの作品集で「マズルカ・ショーロ」「ショティッシュ・ショーロ」
「ワルツ・ショーロ」「ガボッタ・ショーロ」「ショリーニョ」「ショーロスNo.1」

3種類ある譜面で、他の人に加工される前の最初の出版譜がヴィラ=ロボスの
最終案だろうということで、それを採用した演奏でした。


第二部の前半は、D.ボグダノビッチの作品集で「4つのアフリカのバガテル」「ビッグ・バンド組曲」

始めの短いバガテルを弾いていて、いきなり調弦を始めるのでアレ、と思っていたら「今の曲は終わりました」

2曲目の後に「滅茶苦茶弾いているように聞こえるかもしれませんが、楽譜通り弾くとこうなります」

・・・・などなど・・・・難解な曲のオンパレードでした。超難曲でもあります。

でも、弾いているとハマるそうです(笑)。

仕上がりは完璧に近かったのではないでしょうか。


後半は、A.ヨーク作品集で「マーリーズ・ゴースト」「ウォーター・カラー」「フリーリン」

18番のヨーク。更に磨きがかかったように感じます。

ボグダノビッチの後ですと、何でもいい曲に聴こえるかもしれませんが(爆)。

b0035524_13482950.jpg

アンコールでは、生徒さんとの3重奏で、アドリブ演奏の展開の試みを披露。

ベース曲はソルの月光で、いろいろなメロディーやリズムに展開していきます。
途中でアルハンブラやアストリアスのメロディーも聴こえて来ました。

それにしても今回は特にすばらしい演奏で、心臓に負担掛けても行った甲斐がありました。

ギター仲間で「やはり俺たちが宣伝していくしかないな」と誓い合ったのでした(笑)。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。


創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ


リフォームのHPです
b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2011-12-09 13:54 | クラシックギター | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/17254688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ますぶち at 2011-12-09 17:02 x
昨日は、お忙しいところまた雨の中、コンサートに来ていただき、有難うございました。
このような、人気と信用のあるブログに取り上げていただき、また丁寧な説明も載せていただいて、光栄の至りです。一生懸命練習した甲斐があったというものです。
うまく行ったところ、行かなかったところ、いろいろ有りますが、これを踏み台にしてまた精進して行こうと思っています。有難うございました。
Commented by kazuo-nakazato at 2011-12-10 08:04
ますぶちさん、すばらしい演奏、ありがとうございました。
「いい曲だなぁ~」とまでは私の感性が至っていませんが、ボグダノビッチの演奏は聴きごたえありました。
良く譜が覚えられるなぁ、と思うほど音符が入り組んだ超難曲でしたし・・・まだ精進されますか(笑)。
来年も日にちが決まり次第、それだけは広報してくださいね。
<< タニタの万歩計 お手入れボックス >>