新宿ゴールデン街

b0035524_2042074.jpg学生、独身の頃かなりお世話になった新宿ゴールデン街

当時は狭いカウンターバーに座ったいろいろの客の中に、作家・漫画家・テレビ司会者・大学教授・タレント卵などのおもしろい方々が一般のサラリーマンよりも多くいました。

私が通っていたバーは10人くらいで(だいたいどこの店もそのくらいしか入れませんでしたけど)一杯で、席が取れない人はカウンターの中に入って手伝いながら飲んでいました。
私ももっぱらそちらを率先して担当し、安い酒代を更に安く、時にはタダにしてもらいました。
お金がない時はツケにしてくれて、お金が出来たとき持っていくのですがその時はまたタダで飲ませてくれました。
古びた汚いギターがあり、よく弾くように要求されましたが(ほんとは音も悪いし、汚いので弾きたくなかったのですが)、弾けば居合わせた皆が喜んでくれ必ず誰かが酒代を奢ってくれました。

b0035524_2101550.jpg
b0035524_2112170.jpg殆どサントリーのホワイトで落花生のツマミ。
洒落たものはなかったですが、客同士が一体になってひとつの話題にワーワーやっていたものですから、楽しくあっという間に夜が明けていたということもしょっちゅうで、ここから現場に出かけたというのも一度や二度ではありません。

最近では若者が店を出したり、客として来たり、かなり賑わいが戻っているようです。
「クラクラ」という店では歌人の俵万智さんが週に2~3日、社会勉強ということでママをしていることで話題になりました。

ブログランキングに参加しています。ここ→blogランキングをクリックしてご協力をお願いいたします。
by kazuo-nakazato | 2005-01-20 21:07 | ひとり言 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/1781275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 〜こうちゃんの『酒乱日記』〜 at 2005-10-05 22:36
タイトル : 『新宿ゴールデン街』放浪紀 vol.1
10月は、感傷の情が増す。急に冷え込んだ昨晩は『新宿ゴールデン街』も秋風の洗礼を受けていた。そんな季節の移ろいさえも、今は哀しみの抒情に見えてしまう。今月14日で、また一つ歳を重ねてしまうが、過ぎ去った日々への執着と、何も変わらない自分に対しての苛立ちが、こ....... more
Commented by satoshi_irei at 2005-01-21 15:26
思いで横町もいいですね。近くまでいったら必ず寄ります。
Commented by 中里 at 2005-01-21 16:17 x
以前ずっと「ションベン横丁」と言われていて、あまりにも酷い愛称?なので店の人たちが頑張って時間かけて「思い出横丁」と呼ばれるようにしたようですね。
それまで飲んでそう言うと怒られて訂正されました。
<< 玄関戸? 宮脇壇の住宅設計 >>