修行中の大工

b0035524_10909.jpg

創建舎では一番若い大工、小俣。

それでも8年くらいの経験は経て来ていて、昨年7月に創建舎に入社しました。

8年間と言えば大工修行としては充分な期間ですが、他で修行して来ても創建舎では
使い物にならないことが多いので、また基本から修行となります。

現場で仕事の合間に刃物の研ぎをすることも、大事な修行の一環です。
厳しい先輩たちの目で育てられます。

これが出来れば一人前、と言われるくらい奥が深いです。

最近、こういう風景が見られなくなりましたね。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-04-24 10:14 | 大工、職人、スタッフ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/18186031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyoco-chan at 2012-04-24 21:28
厳しいね・・創建舎~!
8年やっていたら、きっとプライドもあるよね(^_^;)
謙虚な気持でお仕事に入らないとだめなのは
どこでも同じだけど。
Commented by kazuo-nakazato at 2012-04-25 12:03
きょこちゃん、ご無沙汰してます。トレーニングを再開したようですね。
この若い大工は、先輩のレベルが違うので素直に修行に励んでいますよ。
恵まれたことだと思います。
<< 「ブランド化事業」騒動 ピザ進化中 >>