何故長寿命か?

b0035524_9483995.jpg

日本人の家計に占める家賃や住宅ローンのウェイトは、欧米に比べてもかなり大きなものです。

縮小して行く日本経済では、この「住宅貧乏」から脱却するためには、家の長寿命化が必須に成って来ます。

親子3代住めるようになれば、子や孫は重い住宅ローンを背負わなくて済むので、
次の世代にまた長寿命の家を建てられる余裕を残せ、好循環して行きます。

その余裕で、家具やインテリア、ガーデニングを愉しむことが出来るようになります。

ヨーロッパは住宅がストックになっているので、所得が日本より低い家庭てもそういう余裕があるわけです。

創建舎では、60年生の国産の杉や桧を構造材に採用していますが、
60年程度が木の強度や経済性なども含めて、木の循環に一番適しているスパンだからです。

ですので少なくとも家が60年以上持てば、また森が再生して良い木が使えることにもなります。

単に安くて、子供や子孫に負荷を残すだけの家や、
次の代まで継がれず地球のゴミになるような家が、これ以上増えて欲しくないです。

「住み継がれる家」が「住宅貧乏」から脱却できる道と考えます。
**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-11-10 10:07 | 創建舎 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/19469451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyoco-chan at 2012-11-10 18:53
中里さんが建てる家が増えれば増えるほど
みんなの生活が豊かになっていく~♪んだね。
あとは教育費だ。
Commented by kazuo-nakazato at 2012-11-11 13:18
きょこちゃん、その通り(笑)。
2代目、3代目は余裕があるから教育費はなんとかなると思います。
初代の建てる人は大変だけど・・・。
<< 還暦同期会 地下室工事中 >>