床板も適材適所

b0035524_16273074.jpg

合板のフローリングは表面に薄い木のスライスを張っているのが多いので、耐久性に弱いです。

特に椅子の下辺りは、キャスターで完全にやられます。

こうなると補修は効きません。

b0035524_16314919.jpg

そういうハードな使用の場所には、このカバザクラのような硬い木がいいと思います。

その代わり、硬い木ほど冷たいので、温かさを求めると杉やパインのような柔らかい木となります。

例えば、柔らかい木は寝室にと、適材適所で使い分けるのがいいでしょう。

でも、合板の適所はありません。。。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-06-18 16:35 | 創建舎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/20610577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 意外と素直な後輩たち 太極拳演武大会 >>