ハーフユニットの浴室

b0035524_1126432.jpg

昔ながらのタイル貼りの浴室は、ほとんどなくなりました。

冬は寒くて冷たいし、タイルの目地の掃除が大変だ、防水が難しいので土台や柱が腐る、などという理由です。

ユニットバスはそういう点では良くなるのですが、メーカーお仕着せの味気ないところがイマイチですね。

写真はハーフユニットバスで、浴槽から下がユニットになっていて、壁と天井は水に強いサワラの板を張っています。

ユニットの下には、OMソーラーの暖かい空気が通り、冬冷たくない床になります。

「木の板は手入れが大変だろう」、という声が多いですが、実際はほとんど手間がかかりません。

使用後に濡れた部分をサッとタオルで拭いてやるくらいで、後は換気を良くしてやればOK。

サワラの木が優しく体を包んでくれるような、居心地良さが出ます。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-07-19 11:37 | 創建舎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/20747257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 住み継げる家を ちょっとした設計の工夫 >>