杉の木の材

b0035524_14131970.jpg

無垢の杉の板を使った、階段と床板。

杉は「源平」と言って、赤と白が混在しているのが一般的です。

赤は「赤身」と呼ばれ、木の幹の芯を取り囲む部分で、細胞が死んで変色したもので硬くて腐り難いのです。

白は「白太」と呼ばれ、赤身の外側の辺材部分で、節が少ない特徴があります。

昔、造作材や建具に白太ばかりを使わせていた金持ちもいたようです。

今でも、杉の白太だけで造った障子は、大変な値がつきます。

b0035524_14223342.jpg

下から見るとこんな感じです。

杉は柔らかく、温かいので足には優しい材です。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-08-30 14:24 | 創建舎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/20919918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 境界線 住民エゴにならないように >>