ギタリストー5(福田進一)

b0035524_21161270.jpgGGサロンでの福田進一さんのコンサートは気迫迫るものでした。

デビューしたてのころ(20年くらい前)の演奏を聞いたとき、「ギターのグレングールドだ」と思ったのですが、演奏しながら何かご自分で唄っているのです。
今日もそれは健在でしたが、調子を崩すときに余計集中するように意識するので、口ずさむのではないかと感じました。違うかもしれませんが、風邪をひかれてそうとうひどいようでしたし、顔が熱を持った状態でしたから。でもみじんも弱気を見せません。プロですね。

その風邪を医者に薬で抑えてもらって出演されたようで(そのお医者さんも来ていました。)、ベストコンディションではない状態で大曲ばかり弾かれました。ロッシニアーヌ第一番から三番まで全曲(ジュリアーニ)。
大変な大曲ですし、とても難曲です。
ものすごい集中力とテクニックで風邪を感じさせない名演奏でした。さすがです。
それから細川俊夫さんが作曲された「セレナーデ」。2003年に作曲されたようで、日本的な響きの名曲です。
これから世界でこの曲を演奏して紹介していくとの意気込みでした。

弾いていたギターがこれまたイタリアのヴァイオリン製作で有名なガダニーニ一族で、ガエターノ・ガダニーニⅡ世が1829年に製作したもので、福田さんがトリノで見つけたが壊れていたとのことで、日本人の製作家に直してもらって生き返ったようです。
弦もイタリアの製作家が作ったものを使い、ロッシニアーヌはこれで弾いて、当時の音を再現しようとされていました。(細川さんのセレナーデは桜井正毅さんのギターで弾かれました)
また指がこんがらがるような難曲なので、軽いタッチで弾ける古楽器だからまだよく「現代のギターでは死ぬ」と言っておられました。

この福田進一さんはパリ国際ギターコンクールで日本人として三番目の優勝者です。
この方が日本でデビューされてから日本のクラシックギターの歴史が変わったと言っても過言ではないでしょう。
後に続く若い優れた演奏家が福田さんから輩出されました。今をときめく村治佳織さんも福田さんのお弟子さんです。
今や日本のクラシックギターのレベルは欧米に並んだと言えるでしょう。福田さんが引っ張ったようなものです。

b0035524_2152532.jpgこれだけの方を写真に撮れたのはラッキーでした。
ついでにCDを買ってサインをしてもらいました。

福田さんのCDはほとんど持っていて、このCDも持っているのですが大変好きなCDですので、新たに買ってその場でサインをいただきました。
良い記念になります。

これからも聞き続けて行きたい、もっとも好きなギタリストです。


blogランキング ←ぽちっと押していただくとうれしいです。

安震ウォールは東京町家にも搭載出来ます。OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2005-03-22 21:57 | クラシックギター | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/2330257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【ponty's mus.. at 2005-04-28 22:00
タイトル : Cinema Dreams (福田進一)
Classic-Guitar-Cinema Music : ★★★★☆ CINEMA DREAMS 映画音楽のジャンルを越えた音楽ということが出来るだろう。 クラシックギター界の至宝、福田進一による映画音楽集。クラシック界では工藤重典とのデュオアルバムをはじめ、シャルル・デュトワとの「アランフ... more
Commented by hinata_gkc at 2005-03-23 10:08
ギターや音楽の世界って普段そんなに気にしていなかったけれど
村治佳織さんのCDはなにか気になり昔から聞いてました。
何年かしてカローラのCM音楽になったときは「あっコレ知ってる!」って感じで
ちょっと嬉しかったです。
でもやっぱり直接聞く方がいいんでしょうね…
僕は単純だから行けば、聞けば、絶対に「よしっ!ギター買おう!」って言いそうです(-v-)
いいですね!クラシックギター♪
Commented by kyoco-chan at 2005-03-23 10:40
大好きな演奏家のサイン入りのCD
宝物ですね~☆
クラシックギターの曲はあんまり聴いたことがないかも。
CMとかも、ぼぉ~~っと見ているしなぁ(^_^;)
大好きなアーティストがいて、一緒に年をとっていくのは
楽しいし、うれしい。 
Commented by kyoco-chan at 2005-03-23 10:41
ぽちっ!!
今度の敵ははリゾートクラブだわ。。笑。
Commented by 中里 at 2005-03-23 10:58 x
きょこさん、いつも応援クリックありがとう。
こういうときは自分も意外とミーハーに(笑)なるんだなと感じました。
Commented by 中里 at 2005-03-23 11:01 x
ひなよしさん、村治佳織さんのデビュー前でよくこの福田さんのコンサートに付いて来ていたのを見かけましたが、今思えばサインをもらっておけばよかったと思います。
今度、挑戦してみますがまず無理でしょうね。
Commented by ponty at 2005-05-02 18:03 x
中里さん、こんばんは。
リズム感、どの音楽を演奏する。
いや、聴く場合も非常に重要な要素です。

福田さんは確かにリズム感に優れていると思います。
曲もそれを十分引き出すような編曲が加えられています。

「Cinema Dreams」は福田進一氏の入門編として掲載したつもりですが、
一度お聴きになるのも良いかと存じます。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-05-03 00:13
pontyさん、コメントありがとうございます。
お勧めしていただいたアルバム聞かせていただきます。
pontyさんはクラシックギターだけでなく、幅広いジャンルの音楽を聴かれているようで、その中で福田進一さんのことでコメントいただけるとは光栄です。
<< 東京町家勉強会開催 現代ギター社 >>