たまには花を

b0035524_19423188.jpgあまり花など植物を載せることがありませんでしたので、たまには花を、、。

3月中、咲いてかぐわしい匂いを放ってくれていた沈丁花。
我が家の脇の狭いスペースに植わっています。
カイズカイブキの足元にまつわりついて咲いています。

なぜか夜はことさら匂うのですよね。

今は花はもう枯れてありませんが3月中はずいぶん楽しませてくれました。
b0035524_19471496.jpg

靖国神社の前を車で通りかかったのですが、桜が満開。

ここの桜は戦没者との結びつきで、特に散り際を美しく感じたり、はかなく感じたりする人が多いようです。

政治家の靖国参拝。「ひとが嫌がることをするべきでない」という思いと、「我が国への内政干渉だ」という思いと私自身では整理できていません(よくわからないというのが実感です)。

沈丁花が好きなかたは是非ここをblogランキング (←ぽちっとな)

時代は免震から安震ウォール制震へOMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2005-04-07 19:55 | ひとり言 | Trackback(6) | Comments(5)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/2456684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひなたの場所_gkc at 2005-04-08 11:44
タイトル : kunitachi no さくら
朝一の打ち合わせからの帰り道。徹夜明けの体を休めようと、国立の喫茶店へ行きました。 桜が綺麗♪こうゆうのを7分咲きっていうのかなぁ… さすがに散歩する人も多く、喫茶店にも入れなかった、いやっ入ってもくつろぐ事ができなかったと思う、パンでも買って桜みながらベンチにでも座ろうかなと思って入ったレ・アントルメ、ここもおばちゃん達でいっぱいだった、パンも見る見る無くなっていき… おばちゃん:せっかく電車賃出してきたんだから買って行こ♪ ひなよし:……パンに近寄れない(最近人気ある店だしな) 今日はあ...... more
Tracked from 三代目のダイアリー at 2005-04-08 11:59
タイトル : 晴れ舞台
いつもは寂しい、真間山の弘法寺境内もこの時期は賑やかです。 お花見客も多く、入園式の幼稚園児と御両親の記念撮影なども見られます。 樹齢400年のこの枝垂れ桜、普段はとても寂しい雰囲気ですが、この時期は晴れ舞台 迫力があり過ぎてお花見、観賞と言うよりも(驚嘆、感激、感涙、驚愕)している雰囲気でした。他の桜には誰も見向きもしません。 ブログランキングに参加しています、人気blogランキングで三代目は何位? OMソーラーの家『東京町家』もよろしくお願いします。... more
Tracked from 谷中の住人 at 2005-04-11 23:20
タイトル : お花見にいってきました
朝食を桜の下でということで早くにお花見に行ってきました 前日のゴミ片付けをしてる人以外はほとんど人はいなく、のんびりとはなをみることができました 明け方の曇り空がうそのように晴れ渡り絶好の花見日和になりました とりあえず朝飯とビールで・・・『乾杯』!(朝一のビールはききます) そのあとは込んでくる前に、桜吹雪のなかをブラブラと帰ってきました 朝日の中の桜は本当にきれいでした ... more
Tracked from 海・王 at 2006-04-06 14:57
タイトル : 海・王
捌げΖ海・・室熊街・Ⅶ・桟И・€キシウォセharset... more
Tracked from 観葉植物の育て方 at 2006-04-06 15:02
タイトル : 観葉植物の種類と育て方
主に室内で育てる観葉植物はリラクゼーション効果があり、家庭・オフィス・ショップなど、様々なシーンにマッチします。... more
Tracked from マクドナルドのクーポン券 at 2006-04-06 15:14
タイトル : マクドナルドのクーポン券
割引・無料のクーポン券を紹介♪ これでファーストフードや居酒屋さんで、とってもお得に楽しめます。 ... more
Commented by kyoco-chan at 2005-04-08 10:50
ぽちっとなしたら、リゾートが迫ってきてるし、
これは、逃げねば・・・゜°。。ヘ(;^^)ノ

この桜並木もいい雰囲気。
桜は不思議な花だよね。。誰だったかな。
桜の下で死にたいって言った有名人・・・(過去の人)
思い出せないけど・・その通り、満開の時期になくなったのよね。

検索したら出てきた(^^ゞ これこれ・・
『願わくば花の下にて春死なむその如月の望月の頃』
Commented by hinata_gkc at 2005-04-08 11:43
美しくはかない桜かぁ~なにかいいですね♪
普段、花の事なんか良く知らなくても、
何故か足を止めて見ちゃうのが桜の魅力なんでしょうね(^-^)
Commented by kazuo-nakazato at 2005-04-08 13:41
特に桜は日本人の歴史によく登場しますが、それだけ日本人の生活観
に溶け込んでいるのでしょうね。
Commented by kazuo-nakazato at 2005-04-08 13:45
きょこさん、博学ですね!(薄学ではありません、念のため、笑。)
この短歌を詠った人は誰ですか?(薄学の中里より)
Commented by kyoco-chan at 2005-04-08 19:49
じぇんじぇん、博学ではないのよ。
この間、たまたま読んだだけ♪
西行法師でした~。
今月号の「一枚の繪」って雑誌にも西行と桜の話が
載っていました。。これもほんとに、たまたま(^^ゞ立ち読みしただけ。
<< まぐろ茶漬け セルロースファイバーの断熱 >>