ギタリストー6

b0035524_19294188.jpg横浜にある大倉山記念館

15~16年前くらいまでは、荒れ放題の建物で肝試しの場所になっていたようです。
それを横浜市が買い取り、きれいに修復したそうです。
横浜市民に安く展示場やホールを貸し出しています。

「クラシックギターコンサートを楽しむ会」が定期的に開催しているクラシックギターコンサートが4月10日にありました。


b0035524_19442573.jpg一部と二部に分かれていて、一部はアマチュアギタリストが弾き、二部はプロギタリストという趣向になっています。

今回の第一部は渡辺史明さん。(写真ぼけてすみません)
介護老人保健施設のケアマネージャーをしていらっしゃいます。

現在は堀井義則氏に師事されています。
先日のコンサートであまりのすばらしさに「おしかけ弟子志望」をしまして、堀井先生(もう先生などと言っている)の門を叩きましたので、私の兄弟子(勝手に言っておりますが)になります。

やはり始めは緊張しますね。「練習通りに出来れば苦労しないよ!」と誰かが言っていました。
後半はペースを取り戻して、最後のエレジー(メルツ)は長い曲ながら胸に沁みこんできました。
他のプログラムは エチュードOp.31 No.4(ソル)、スペインの城より 美しき乙女(トローバ)、カタロニア奇想曲(アルベニス)、11月のある日(ブローウェル)。

弾かれていたギターはホセ・ラミレスⅢ世1969年製。すばらしい楽器です。

アマチュアが30分ステージで演奏するのはけっこう大変ですよ、、、。

ぽちっとなしたら、リゾートが迫ってきてるし、これは、逃げねば・・・゜°。。ヘ(;^^)ノblogランキング (←ぽちっとな)by kyoco-chan

時代は免震から安震ウォール制震へOMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2005-04-11 20:04 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/2487694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ギタリストー7 美女が監理した9坪ハウス >>