銘器

エルナンデス・イ・アグアド

b0035524_19242494.jpg

その姿の優美さ、音色の気品、バランスの完全さ等々、ギターの貴族と言える名品です。弦長は通常660mmですが、ネック幅、厚さ、形状共に良く、張力も適当なので弾き易いギターです。表面板は松ですが、アグアド引退後、再後期のエルナンデスの作品には杉を用いたものが多くなっています。二人が遺したギターは400本に満たず、夫々が所有者の宝となっていて、入手は仲々困難です。
by kazuo-nakazato | 2004-10-02 19:16 | クラシックギター | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/415038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 伊礼智 at 2004-10-02 20:43 x
ギターは小さなオーケストラと言われていますね。
僕も楽器が好きで、特にギター系はいいですね。
スチールギターが欲しいとかガットギターにしようとか、
ウクレレでいいかあ・・・などと楽器屋さんで迷って、結局
そのまま出てしまいます。
いつも手元に楽器がほしい・・・と思います。
Commented by tokyomachiya at 2004-10-02 23:01
迎川です。
伊礼さん、楽器で迷うことはないんじゃありませんか。
沖縄系設計事務所としては、楽器と言えば当然「一五一会(いちごいちえ)」しかないですよね。
でも入門器として弟分の”音来(にらい)”も出ていますから、
暮れのボーナスは音来現物支給でバンドをつくりましょう。
「ゴーヤーズ」「ソーキーズ」「ハイサイバンド」「ウリボーズ」・・・。
名前は考えておきます。

Commented by 古川泰司 at 2004-10-04 10:23 x
はじめまして、中里さん。
楽しそうにblogをされているようすが良いですね。
きれいなギターだったので思わずコメントしてしまいました。
僕もギター大好きです。
Commented by 古川泰司 at 2004-10-04 17:11 x
af_blogにコメントを下さってありがとうございます。
僕は中学生からギターを抱えていますが
フォークギター→エレキギター(ロック)→セミアコ(ジャズ)
というぐあいにやって来まして、学生時代にはジャズ研にも
1年間だけ籍をおきました。
でもギターって「耳」ですね。自分の「耳」が音楽に付いてゆけずに、離れてしまいました。でも、今でもギターは大好きです。
実はクラシックギターを始めたいと思っているところでした。
Commented by kazuo-nakazato at 2004-10-05 20:05
古川さん、クラシックギターいいですよ。買われるときは少しアドバイスできるかもしれません。
人前で弾くことがなくなってから久しいので招待食事などの時施主に乞われる場合はまず酒ありきです。
Commented by ytky at 2004-10-05 20:55
こんにちは。
私はギター弾けないのですが、縁あってクラシックギターの
方々と親しくさせていただいてます。
アグアド、きれいな楽器ですね。佳織ちゃんの使っているロマニリョスなんか私は結構好きです。中里さんは他にどんな楽器お好きですか?
Commented by 中里一雄 at 2004-10-06 08:51 x
コメントありがとうございます。ロマニリョスは長い間ジュリアンブリームが愛用してレコーディングしてきたものを私も聞いてきましたが、大変好きです。音色がとても好きです。
その他はやはりフレタでしょうか。ジョン・ウィリアムスがずっと愛用してきましたが、彼の演奏はまた別格の感じがしますが、フレタの魅力とは切り離せません。
ジョンが最近使っている故郷オーストラリアのグレッグスモールマンはあまり好きではありません。フレタで弾くのをもう一度聞きたいです。
Commented by ytky at 2004-10-07 18:29
コメント、ありがとうございます。
私もブリーム大好きです・・中学のとき、大阪で聞きました。
クラシックのコンサート、特にギターは良く行くのですが、生の演奏を聴く楽しさを初めて教えてくれたのが彼でした。その時はハウザーかブーシェではなかったかな・・と記憶しています。

フレタの音は明るくてよいですね。スペインもの・・アルベニスやグラナドスがよく合うように感じます。ロマ二はものすごく「生きた音」がします。艶があってそれでいてなめらかな・・福田進一さんなんかもロマニお好きみたいです。
<< すいか 江戸川ソーラーキャット >>