高田門下の実力

b0035524_2026750.jpg少し眠そうな顔をしていますけど、とても好青年のギタリストです。
LECGCの演奏会打ち上げの席での写真ですので。

←熊谷俊之さん。(ギタリスト-27)21歳。

第26回学生ギターコンクール高校生の部第1位。その他、名古屋ギターコンクール第2位、日本ギターコンクール第2位などの賞暦があります。


でも演奏を聴かせていただいて、そんなもんじゃない実力を感じました。
堂々とした演奏振りでえらく難しい曲も難なく弾き、「どうだ!」という自信に満ちたステージ演奏でした。

何で名古屋コンクールなどで1位でなかったのか・・・・、ご本人曰く「アドレナリンが出すぎて、やりすぎた」ということらしいです。
おもしろくないけれど、模範演奏的にきちんとこなした演奏が1位を取るのは、コンクールではよくあることです。

彼の演奏はいつまでも聴いていたかったくらい、楽しかったです。すばらしい音楽でした。

使用されていたギターはテッサーノス・ペレス。

弾かれた曲は、リュート組曲より第3番(J.Sバッハ)よりプレリュード、ヴェニスの謝肉祭による変奏曲(F.タレガ)、ソナタ(J.トゥリーナ)、エチュード第8番・12番 です。

ソナタとエチュード12番は特に「すごい!」と言える演奏でした。パチパチ・・・・・。

b0035524_2044329.jpgこちらの男性は熊谷さんの先輩ギタリスト、

←服部文厚さん(ギタリスト-28)。33歳。

熊谷さんの後の第二部で弾かれました。

こちらもまた名手。
端整に音を出し、きれいに弾かれます。

学生コンクール第1位、名古屋コンクール第1位、クラシカルギターコンクール第1位など輝かしい賞暦をお持ちです。

弾かれた曲は、ファンタジア(F.ダ・ミラノ)、ファンシーNO.2(J.ダウランド)、武満徹編曲12の歌より・・・シークレットラブ、インターナショナル、オーバー・ザ・レインボー、リュート組曲No.4(J.S.バッハ)。
アンコールで武満徹編曲の「イエスタデー」、ローラン・ディアンス編曲の「愛の賛歌」を弾かれました。

リュート組曲NO.4はプレリュードが難しいですが、弾ききれなかった箇所が何ヶ所か出ました。けっこう有名な演奏家でもこの曲をステージでミスするのを多く見るほど難しいのですが、気持ち演奏スピードが早すぎて間がなかったと思います。
最後のブーレとジーグもとても難しいのですが、こちらはうまく弾ききりました。すごい演奏力です。

使用されていたギターは今井勇一作でしたが、けっこうきれいな音を出されていました。

実はこの方々は先月このコンサートに出演された高田元太郎さんの門下生なのです。

以前、「恐るべし!!新井門下生」と書きましたが、いやいや高田門下生もそれ以上に「恐るべし!」です。
すごい門下生の方々が何人もいらっしゃいます。




b0035524_2141073.jpg私と一緒にスリーショットを撮っていただいたのは、向って左がアランフェスギターサークル主宰の兼平和俊さん。

右がこのLECGCを主宰しているプロギタリストの増渕利昭さん。

この方々のおかげで、我々アマチュアは人前で演奏する機会が得られています。




すごい!2位まで来ました(今のうち)。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけないと票に入りません。ご協力いただければうれしいです・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-04-10 21:17 | クラシックギター | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/4368426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from リフォームコミュニティー at 2006-04-12 15:39
タイトル : リフォームコミュニティー
目次 めりはりのあるまとめ方 調和させるまとめ方 ポイントに色をプラス 飽きない色 癒しの家 部屋の広さ どこに頼もうか トイレのリフォーム チラシの怖さ チラシに飛びつくな クレームがないのも注意? クーリングオフ リフォームお客様相談 理想と不..... more
Tracked from BLOG<高田元太郎 ク.. at 2006-05-25 12:24
タイトル : LECGC
 LECGCというのはギタリスト増淵利昭さんが主催する「クラシックギターコンサートを楽しむ会」のことです。大倉山記念館で定期的に開催されています。  2部構成になっていて1部はプロ予備軍やアマチュアの上手な人が務め、第2部はプロギタリストが演奏します。  今週日曜日にも開催されますが、第1部には門下生の山崎拓郎くんが出演します。クラシカルギターコンクールで本選に残ったこともある実力者です。  で彼が今回演奏するプログラムは  3つのカプリス(レニャーニ)  魔笛の主題による変奏曲(ソル)  椿姫幻想曲...... more
Tracked from BLOG<高田元太郎 ク.. at 2006-05-25 12:27
タイトル : LECGC
 LECGCというのはギタリスト増淵利昭さんが主催する「クラシックギターコンサートを楽しむ会」のことです。大倉山記念館で定期的に開催されています。  2部構成になっていて1部はプロ予備軍やアマチュアの上手な人が務め、第2部はプロギタリストが演奏します。  今週日曜日にも開催されますが、第1部には門下生の山崎拓郎くんが出演します。クラシカルギターコンクールで本選に残ったこともある実力者です。  で彼が今回演奏するプログラムは  3つのカプリス(レニャーニ)  魔笛の主題による変奏曲(ソル)  椿姫幻想曲...... more
Commented by kyoco-chan at 2006-04-11 19:21
ぽちっ! ほんとだ、2位にいます☆ パチパチパチ

コンクールってそうよね。
楽譜通りに弾くのがよい。。減点方式の評価???
みんなが聞いていて、心地よい演奏が一番なのにねえ。
Commented by kazuo-nakazato at 2006-04-11 21:16
きょこちゃん、コンクールは水物とよく言われます。
一位になった人には結果が大事ですが・・・。
<< 親子上棟式 また弾かせていただきました >>