これほどの評価とは!

<左側サイドバーを表示してレイアウトを構成していますので、表示されることをお勧めいたします。>

b0035524_11571149.jpgあまり政治ネタは載せたくありませんが、今朝の毎日新聞朝刊のトップ記事が気になりました。

毎日新聞の世論調査で小泉首相の靖国参拝を評価する回答が50%もあったようです。

昨日の各新聞社の社説はほとんど批判していました。

これから日本のアジア外交は重要になってくるし、世界にとっても強国中国を含めたアジアは重要な位置を占めてくるので、その中心的役割を日本が取ることが大事になるはずですが、その点では国益に沿っていないという論調が多かったです。

しかし、中国では20世紀末期から21世紀初頭にかけて脱社会主義化が進んできていて、中国共産党も同時に求心力を失うことを懸念してます。
そのため日本を敵視することで支配の正統性を確保し、政権を維持しようとしているのではないかとも言われています。
日本国首相が靖国参拝をやめないことは、中国政府にとっては好都合であるという見方もできるわけです。

50%もの評価はどちらかと言うと、こういう価値観よりも「国のために戦って死んだ人たちを哀悼するには首相参拝が欠かせない」、「中国、韓国の内部干渉に屈しなかった」などの精神論的なものが中心となっているようです。

正に国論を二分しています。

とうとう4位まで転落(悲)。皆様、また応援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-08-17 12:35 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/5500121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 仕事再開 また新しい曲に手を出してしまった >>