鳶の半纏

b0035524_1332312.jpg昨年10月に亡くなった鳶の頭の今度はお母様が亡くなられてしまいました。
息子さんの百箇日を過ぎたばかりに逝ってしまわれたそうです。

頭の時はまだ働き盛りで若い子供もまだ居ての急変でしたから、悲しみもひとしおでしたがお母様の方はまだ心の準備が出来ていたこともあり、笑顔や笑い声も少し見られたくらいでした。

本日の告別式で出棺の時は地元鳶の方々の木遣で見送られました。

b0035524_13391347.jpgb0035524_13392138.jpgその中で創建舎の仕事もしていただいている別の頭の半纏姿を写させてもらいました。

この頭の木遣は界隈でも有名で、木遣の先生でもあります。

二番組の副組頭をされています。


b0035524_13405965.jpg地元大森の鳶で、地域分けで一番組から三番組までの組織があります。

半纏の背中の文字が変わります。

今日の亡くなられた鳶のお母様の旦那さんは二番組の組頭を務めています。
一番組から三番組まで組頭は皆さんご高齢ですが、やはり近寄りがたいほどの迫力があります。

おめでたいところでも半纏は変わりません。鳶のかたがたの正装です。

(コメント入れてくださる時に、パスワードが出ますが削除の時に必要なためで、何でもかまいません。URLも入れなくても大丈夫です。)。
ランキングアップに皆様また応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2007-02-03 13:50 | 創建舎 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/6427215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 香典の書き方 香典相場 at 2007-02-03 19:12
タイトル : お通夜の香典出し方
香典の書き方、香典のマナー知らないでは済まされません、香典書き方、ご存知ですか香典袋の書き方、宗派により、香典の書き方もちがいます、キリスト教の香典の書き方、神道での香典書き方、宗派別の香典袋の選びかた、香典袋なら何でも良い訳ではありません、香典を連名で出し合うときはどうすればよいのか... more
<< 後手の対策 安全大会 >>