現代ギター社40周年記念

b0035524_1150357.jpg

痛風の足を引きずりながら、先日ギターコンサートに行ってきました。
(もちろんサンダル履きはあきらめて、靴でがまんしながらですが・・・)

現代ギター社が創刊40周年記念で開催したガラコンサートです。

16名の一線で活躍しているギタリストとこれからギター界に出てくるであろう学生ギタリストが総出演。

中心は福田進一さん。
パリ国際ギターコンクールの優勝者で世界的にもその実力が認められている第一人者です。

この出演者の中のギタリスト何人かは面識もありますが、皆さんどなたもすごい実力者揃いです。

ただ、この方たちは現代ギター誌に登場することも多いですし、まだ恵まれている方かなと思います。

現代ギター社になじみのギタリスト、又は福田さんのお弟子さん関係のギタリストがどうしても目立ちます。
福田さんの実力なのでしょうが。

実力がありながら専業で食えないギタリストも多いです・・・。


大勢の方々に見ていただいてうれしいです!ありがとうございます。↓引き続き応援お願いいたします(笑)。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-06-19 12:12 | クラシックギター | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/6996020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2007-06-19 12:50
専業で食えないギタリスト達は、昔は夜の酒場を流していたのかなぁ。
では、今のギタリスト達は??ヤマハ音楽スクールの先生?
どうやって食べているんでしょうか?
もしかして・・・工務店の社長?(笑)
Commented by みち at 2007-06-19 13:17 x
ギター界の巨大マスメディアである現代ギター社との関係は大きいですね
ギタリストと言えどもプロになれば社会力が必要なのでしょう
Commented by 海海 at 2007-06-19 13:53 x
 力のある若手が福田さんの門を叩く傾向がありますし、現代ギターが早めに押さえている、と言うこともありますね。特に関東近辺では。私が九州にいた頃も、ギターショップのモリオカ(現フォレストヒル)が定期的に福田さんや藤井真吾さんを呼んでマスタクラスを開き、有望な若手にコネクションを付けさせていました。「ギターで食う」ためにはこう言ったことも必要なんだと思います。


 福田さん自身も周りを組織化するのが上手く、何かのプロジェクトを始める時には、必要な協力者が集まってきます。ギタリストとしての能力だけではなく、こう言ったことも出来る人なんですよねぇ。たぶん、ギタリストにならなくても相当な成功を収められる人なんだと思います。

Commented by kazuo-nakazato at 2007-06-19 16:01
迎川さん、若い人はアルバイトしながらも多いようです。
まだ工務店の社長の方が食えると思います(笑)。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-06-19 16:03
みちさん、現代ギター社しかないですね、今は。
社会力、ギタリストも必要ですが、大工も同じように必要なのです。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-06-19 16:09
海海さん、コメントありがとうございます。
なるほど、福田さんはギタリストだけの器に納まっていない人なんですね。
もっとも彼の活躍で今のギター界は賑わい、レベルも上がったという功績は大きいですね。
Commented by k-shibasaki at 2007-06-19 16:50 x
福田さんはじめ、荘村先生もいらっしゃるようですね。私も音楽家(演奏のみ)で活動してるギタリストは日本に数人しかいないと先生に聞いたことがあります。村冶佳織さんも出演予定だったのがスケジュ-ルが合わなくて不参加と聞きました。お客様の入りはいかがだったのでしょうか?山形には来年1月某旅館にて佳織さんのミニコンサ-トがあります。50名限定¥10,000は安いですよね。今から楽しみにしています。まだ予約してませんが…(涙)
Commented by kazuo-nakazato at 2007-06-19 18:26
k-shibasaki さん、チケットはあらかじめ売れきれでした。
私は現代ギター社の只券で行けました。
佳織さんのコンサートはいつも満員になるようですが、10000円はとても高いと思いますよ。
お客さんを呼べるからプロモーターは高くするし、マネージメントはギャラを上げるのでそうなっちゃうのでしょうが。
せめて半分になればいいなあと思います。
Commented by プリンセス・ピンク at 2007-06-19 18:56 x
痛風に耐えて、よく行けたね~?
あの痛さは特別らしいから・・・。
タマゴ系・・・魚などの卵も含めて・・・も、ダメなんでしょう?
もうすぐ大事を控えてるんだし・・・お大事にね!!!
当日までに治らなかったら、痛みの方だけ、私が身代わりになってあげる。

Commented by kazuo-nakazato at 2007-06-19 21:14
姫、イタリアショックから早くも立ち直ったようですね。
その優しさに応えるよう頑張ります!
Commented by Guitarra at 2007-06-19 21:18 x
1等賞継続、おめでとうございます♪
どんな世界でも1等賞を維持するのは大変な事ですよね☆
Commented by スペインの星 at 2007-06-20 11:34 x
木の温もりは何物にも代え難いものです。建築も音楽も空間が大切だと思いますが、真の価値を見極める目と耳を持ち合わせたいです。ハイ
<< 風が吹いても痛くなくなりました 風が吹いても痛い! >>