稲垣稔さん

b0035524_17225683.jpg

蓼科3日目の朝一番は、稲垣稔さんの日常の練習法やギターに関する講習でした。

ものすごく参考になり、「目からうろこ」もありました。

例えば調弦。なるべく外側から決めて中をその間で調整する。ハーモニクスは元々不安定なので開放弦の実音で調整する。5度の和音が分かりやすい。」・・・などなど(ギターやってない人はわからないでしょうね、すみません)。

b0035524_17302339.jpg

いよいよ稲垣さんのレッスンを受けることに。

始める直前ですが、私の顔がこわばっているのがわかるでしょうか(汗)。

日本で一番上手ではないか、という評判もよく聞かれるトッププロです。
本当に完璧な演奏です。
小惑星『稲垣』5824 という惑星に名前が付けられたギタリストです。

私の師匠の堀井義則先生もそうなのですが、すごい人は私の中ではどうも神格化してしまい、そのオーラに巻かれてしまうようで堀井先生のレッスンでもすごく緊張してしまいます。
まだステージの方がはるかに楽です(笑)。
しかも、あこがれのギタリストで生稲垣さんは初めてなのです・・・普通でいられるはずがありません。

ずいぶんクドクドと・・・・・やはりまともには弾けませんでした。
「きれいに弾けましたね」とは言ってくださいましたが、普段の1/3以下の出来です(悲)。

受講した曲は「「カタロニア奇想曲」(アルベニス)。稲垣さんのCDを聴いて弾き始めた曲です。
いろいろとご指摘をいただき、宿題が一杯出来ました。

うれしかったですが、とても疲れました。
また来年の再開をお約束しましたが、稲垣前対策を考えなくては・・・・・。


蓼科にいる間に1位の座が危うくなっています。↓ギターご関係の皆様も是非、応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-08-27 17:44 | クラシックギター | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/7356659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mscrux at 2007-08-27 21:45
南十字星です。
いつも楽しくこのサイトを拝見しています。
中里さんのフットワーク良さには感服しています。
今回は蓼科のサマースクール風景には、写真に現れない楽しさが
伝わってきました。
私も尊敬する稲垣先生から直接にレッスンを受けられる機会なんて、
めったに無いことですよね。
ギター独学の私には緊張感ばかりが先にたって、レッスンどころでは
ない状況に陥ると思います。
これからも沢山、ギターの話題を載せてください。
アンダンテのゼミで会われるFさんは私のギター仲間でした。
と言うよりも、私のギターの先生です。
宜しくお伝え下さい。
でも、私の素性がわかりませんよね。
最近、私もブログを作成しました。
時間がありましたら、是非アクセスしてみて下さい。
http://mscrux.exblog.jp/
Commented by エコ姫 at 2007-08-28 11:35 x
中里さま、お久しぶりです。ギターにお酒、良い夏送っていますね。羨ましいかぎりです。中里さんの生活を見ていると、人生とはこうあるべき、というのが見えてきます。楽しみがなければ、仕事してもつまらないですよね。
私は、まだまだ、少し、仕事が混んでしまうと、ブログを書く余裕も無くなってしまって。見習わなければなりませんね。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-08-28 21:28
南十字星さん、コメントありがとうございます。
私も2年前まで独学で40年くらい弾いてきましたが、プロについてみて「もっと早くついていればよかったな」と思っております。
稲垣さんのような方にレッスンしてもらえるのも、外に出たからだと思います。
Fさん、わかります。とても音楽になっている演奏をされる名手ですね。
時々ブログを覗かせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-08-28 21:30
エコ姫 さん、お久しぶりです。
ドイツのエコツアー行きたかったです。
栗原さんにエコ姫さんと一緒に飲みましょうと話したところです。
ブログ、気が向いた時に書けばいいと思います。
<< リサイクルしてはいけない? 蓼科2日目 >>