大工のなり手

b0035524_845304.jpg

地元のこの高校から来年度初頭4月に大工の見習いが一人入社する予定です。
先日、学校から生徒に現場を見させてやって欲しいと依頼がありました。
定時制の生徒ですが、大工になりたい学生は時々いるそうです。

小学生、中学生が将来なりたい職業の上位にいつも大工があったのに、実際にはなり手があまりいません。
周りの人たちが反対することもあるようですが、大工に明るい将来が見えないからでしょう。


でも、家を建てる人は皆さんいい大工に建ててもらいたいとおっしゃいます。あたり前ですが。

大手ハウスメーカーさんは大工が要らないように家をプレファブリ化していますので、電気ドライバーひとつあればほとんど出来てしまうように熟練工が要りません。

実際、この生徒が他の工務店を見て回ったところほとんど現場で大工の仕事がないのをがっかりしたそうで、学校から紹介された創建舎の現場を見た時、うれしかったそうです。
おじいちゃんが大工で大工の仕事を子どもの時から身近に見ていたようです。

昨日、就職活動解禁日を過ぎて面接しました。・・・やる気満々です。


大手パワービルダーや○マホームのように、大工を使い捨ての家がこの30年くらい続いています。
技術の継承が出来ないくらい大工がいなくなりました。
一日2万円でも高い、と言うバカな連中もいるくらいです・・・同じ業界から出ると嘆かわしいです。


大工を社員にして育て、社会保障も付け安心して永く働ける職場環境にするのが工務店の大きな努めと考えて、少しずつ創建舎では社員大工を増やしています。

資材や流通などのコストダウンはいつも努めなければなりませんが、
大工や職人、監督の手間(人件費)を下げる家づくりは絶対にやらない覚悟で臨んでいきます。


皆様いつも投票ありがとうございます! ↓今後とも応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-09-19 09:07 | 大工、職人、スタッフ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/7463392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2007-09-19 09:17
本物の大工さんはとってもカッコイイです! 原石ですね。
Commented by satoshi_irei at 2007-09-19 09:23
一般的に大工さんは道具自分持ちですから、
優秀な人にはそれなりにあげないといけないですね。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-19 09:30
紡さん、本物の大工さんたちは誇りもすごく持っていますが、充分報われてないですよね。
(紡さんの家ではそういうことないと思いますが。)
大工がハッピーエンドの仕事にならないと本物がいなくなっていきますね。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-19 09:32
伊礼さん、大工にも優劣は付けるべきと思います。
伊礼さんや紡さんのような設計者ばかりだったら優秀な大工は報われていくのですが。
Commented by 素人木築ファン at 2007-09-19 13:18 x
再び大工さんの需要が増えたとき、いないでは困りますね。 それから設計士さんは芸術家ではないですね、外観を見るにつけそういう印象を持ちます。
Commented by tokyomachiya at 2007-09-19 16:03
>大工を使い捨ての家がこの30年くらい続いています。
大工を使い捨てる家は、住まい手から使い捨てられるのですね。
本物の材料を使い、職人がつくった家は、簡単に捨てられませんね。
職人の手間を削ってコストを落すのは能が無い工務店がすること。
手間単価を落さず作業効率を上げてコストを落すのが知術工務店。
最近若い子達が就職したいと来る様になりました。
中には公立大学の大学院生まで・・・。少し明るさが見えてきました。
これもブログ効果でしょうか?
Commented by k-shibasaki at 2007-09-19 19:51 x
>大工や職人、監督の手間(人件費)を下げる家づくりは絶対にやらない覚悟…同感ですね(拍手パチ、パチ)。それぐらいの気概を持った工務店さんが、地方で少なくなっているのが悲しいです。設計士も同じくですが(涙)
Commented by ますぶち at 2007-09-20 00:59 x
ギターの世界にも中里さんのような気骨のあるプロフェッショナルがもっとたくさん居ると良いのにと思います。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-20 14:04
素人木築ファン さん、コメントありがとうございます。
大工はずっと必要とされる職人だと思います。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-20 14:07
迎川さん、コストダウンの努力は常に必要ですが職人の手間を落としてはダメですね。
大工の見習いは23歳までが限度と思っていますが、それ以上の年代の人たちが多く応募してきます。残念ですが大工見習いとしては受け入れられません。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-20 14:09
k-shibasaki さん、地方でも大工さんは恵まれてないですか。
設計者の立場からいい大工さんを応援してやってください。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-09-20 14:10
ますぶち さん、ギターの世界はもっと厳しいかもしれませんね。
でもますぶちさんも気骨のあるギタリストだと思いますが。。。
Commented by 太郎 at 2007-11-02 20:43 x
はじめまして。
一つ質問です。
現場の写真を見させていただいた所、プレカットのようなのですが・・・。
実際手刻みでは建てていないのですか?
Commented by kazuo-nakazato at 2007-11-03 19:14
太郎さん、はじめまして。
プレカットでやっており手刻みはしていません。
大工による墨付けよりもコンピュータによるマーキングの方が優れていることは異論をはさむ余地がありませんので、これからの大工は規矩術を主に木材架構法をCADなどを使ってプレカット工場に指示できることが大事と思います。
道具もまず電動道具の正しい使い方をマスターして、手道具の正しい使い方をマスターしていくべきと思います。
チョウナや斧を使って製材していくことはもう必要ないように、時代とともに変化していくべきと思っております。
<< 国産材の家 三浦編集長来社 >>