住宅業界の大淘汰

b0035524_10222468.jpg

良くも悪くも建築家を住宅市場にクローズアップさせ、住宅雑誌だけでなくファッション雑誌にまで建築家の家をあふさせた大元である、新宿のオゾン

あまりにも建築家と称する設計事務所が増え、このオゾンに登録されている人も300人を超えるそうです。
それでも日々増え続けているそうです。
審査を通って登録されている工務店は21社のみです。

来年の4号建築(一般木造住宅)の特例廃止と再来年の住宅瑕疵担保法の施行によりこれら多くの建築家と工務店は淘汰されようとしています。
建築家の家の多くはその新しい保証制度が受けられないでしょう。

しかも格差社会の広がりや、サブプライムローンの問題、人口構成の変化などいろいろな社会的要素から新築住宅需要の激減が始まっています。

そういう状況を踏まえて、工務店数社とオゾンのスタッフで今後のオゾンと工務店の有り方の突っ込んだ討議をしました。

生き残るであろう工務店は全国でも限られてきます。1/10以下になるだろうと言われています。大手メーカーさんも例外ではありません。

実際に現場でちゃんと造ってる人たちしか残りません。
いい加減な同業者はもう退場してもらいたいですし、自然とそうなるでしょう。

オゾンのスタッフの方々も状況は把握され、我々と価値観を共有できたように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログも是非ご覧ください。

いつもぽちっとありがとうございます。↓ 引き続き応援よろしくお願いいたします。 
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-12-04 11:22 | ひとり言 | Trackback(4) | Comments(10)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/7784230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 株情報 at 2008-04-04 13:57
タイトル : http://blogjoho.chu.jp/sjan/
驚異の株必勝法とは?... more
Tracked from 株初心者稼ごう at 2008-04-04 16:23
タイトル : http://blogjoho.chu.jp/smarch/
驚異の株必勝法とは?... more
Tracked from 株セミナー at 2008-04-18 12:25
タイトル : http://blogjoho.chu.jp/wthu/
驚異の株必勝法とは?... more
Tracked from 店舗内装安心リフォーム工.. at 2008-06-03 15:51
タイトル : 店舗内装安心リフォーム工事なら店舗内装リフォーム工事情報..
店舗内装安心リフォーム工事なら店舗内装リフォーム工事情報NAVIにお任せください... more
Commented by ojarumaru at 2007-12-04 12:23 x
厳しい時代ですね。うちみたい小さな工務店は、生きていけるのかな。
昔は、真面目にやっていればちゃんと生きていけたのに、いまは、それだけでは駄目なのでしょうか。変な世の中になってしまいました。

いま、小さな店舗と平屋の住宅の確認の図面かいてますが
平屋の半分ほどの店舗のほうが、めちゃくちゃ図面が
大変です。店舗だから??
なんとなく納得できないで描いてます。

ストレスたまります。

次の時代は、きちんとした仕事をする所が、本当に生き残れる
のでしようか?地方にいると、なぜかそんな気がしません。
Commented by kyoco-chan at 2007-12-04 21:21
ああ、中里さんの頭には、 私の頭にないものが
いっぱい詰まっています。
(わたしの頭は、ふれば カラカラと音がします、カランコロンー)

ぽちっ♪
Commented by muraokajun at 2007-12-04 23:18
10年前に1/10なると聞き、戦略を立て、やってきました
今は、2/10位ですかね?
これから、また、1/10であれば2/100になる

「2%になれと言われれば、それも受け入れて、やるしかないでしょう!
観えた者勝ちですよ、気が付けば、対策が立てられる、ドンマイ!」

(かっこいい!↑,笑) 言ってみたいな~    ぽちぃ♪ 
Commented by tanaka-kinoie at 2007-12-05 08:38
先日はお疲れ様でした。
活発な意見交換も出来たし、言いたいことも言いました。
物件が出た時にやっと顔を合わせるより、こういった会も定期的に必要だと感じました。
建築プロデュース、マッチングサービス業と言われている組織は昔から出ては消えで今後は増える事はあり得ないと思います。
OZONEの審査が厳しく、ステイタスだなんて時代も終わったと思います。
本当は自身の情報発信だけで色々出来れば良いと思いますが多方面にアンテナを張る意味も理解しています。
でも今後工務店が減れば、個々の工務店のやり方も伝わり易くなると思いますが・・・・・

Commented by aoyamakoumuten at 2007-12-05 09:00
当社社長が、一線で仕事をしていたときは、目の前の施主さんのことだけを考えていればよかったんです。
設計や確認申請なんかは、外注の設計事務所にまかせて・・・。
ただ、今は自社で設計施工をやっていかないと、計画のスケジュールがまったく見えませんし、資金繰りにも影響してきます。
生き残っていくためには、法規を含めた社会情勢をも把握しながら社内体制をも作っていく必要があります。
ただ、「町の普通の大工さん」は、そんなことはできません。
宮大工さんみたいな芸術家みたいな大工さんじゃないけれど、ついで、ついでの仕事で、施主さんの望む以上の仕事をして、地元に根を張っていた大工さんが廃業していくのをみると、とても悲しくなります。
悲しいですけど、施主さんのことを考えてまじめに仕事をやっている、良くも悪くも、「人のいい、普通の大工さん」は、生き残れない時代なのかもしれませんね・・・・。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-05 09:32
ojarumaru さん、地方は実感ないでしょうか。
新築は間違いなく激減してます。10月の着工件数も34%減で70万戸ペースになっています。
完全に業者数が多く、リフォームにシフトするか大手の下請けになるかで淘汰させようという行政側の思惑も働いています。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-05 10:02
きょこちゃん、頭は軽い方が幸せですよ(笑)。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-05 10:06
村岡さん、10年前から比べてもう2/10なっているのですね。
更にその1/10、すごい淘汰ですね。
他業界ではこれほど多くの業者は居ないのでしょうね。小売業者もかつて激減しましたね。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-05 10:22
田中さん、お疲れ様でした。
淘汰された後には工務店が家づくりの主役に立たなければならないと思います。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-05 10:38
青山さん、設計も自社で出来てコンプライアンスを持てるある程度の組織力を持つ工務店以外は退場してくれというのが行政の方針です。
またユーザーさんもそういう認識になってきていると思います。
工務店サイドはこれを積極的に受け入れて自浄作用が効く業界にならなければと思います。
一緒に東京で頑張りましょう。
<< 成城学園前駅も変わってしまった 国の借金 >>