増渕利昭さんリサイタル

b0035524_20514543.jpg

仕事先から駆け込んでのコンサートでした。

LECGCを主宰されている増渕利昭さんのギターリサイタルが横浜市の大倉山記念館で開催されました。

この方は全然ご自身のことを宣伝されないのですが、年に1回だけのコンサートも何処にも宣伝されないのです。
案内のメールも来やしません(笑)。

それでも根強いファンがいて、今回も盛況の内に始まりました。

弾かれた曲は 第一部が ミュアの森、組曲「3つの舞曲」(以上、A.ヨーク)、プレリュード・フーガ・アレグロ(J.S.バッハ)

第二部が 夜明けを待って(A.ヨーク)、頬と頬を寄せて、猫の跳躍(以上、P.ベリナティ)、グラナダ、カディス、アストゥリアス(以上、I.アルベニス)

使用ギターはアントニオ・マリン・モンテロ、1987年作のものです。

ヨークの曲は全部弾いたというほどのヨーク弾きでありますので、その曲を弾かれるときは楽しそうに弾かれています(後でうかがうと、必死で弾いていたそうですが)。

バッハは端整に綺麗に無理なく、という感じで弾かれ、、この曲の早いところでも指はあまりバタバタ動かず無駄な動きがない手本のような指さばきでした。

最後のアルベニスの3曲が、今までと違ってスペインの叙情感を出され、やはりギターはスペインの曲に合っているな、とあたり前ですが改めて感じた次第です。

アンコールは「ラブタイム」を弾かれました。
いいリズムに乗せられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログも是非ご覧ください。

なかなか1位に届きません(汗)。↓ 引き続き応援よろしくお願いいたします。 
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-12-08 21:18 | クラシックギター | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/7800417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆみん at 2007-12-08 23:40 x
シークレットライブですね☆
私も聴きたかったです♪
社長のライブも期待してます♪
Commented by ますぶち at 2007-12-09 01:20 x
ブログを見てびっくり。とてつもなくお忙しい中、いらしていただいたのですね。いつもながらエネルギッシュな活動、尊敬しています。有難うございました。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-09 12:53
ゆみんさん、お誘いすればよかったですね。
私のライブ・・・?コンクール以外では土曜ゼミとバックインタウンでの演奏が時々あるくらいですが、ゆみんさん主宰のプチ発表会にも今度挑戦してみようと思っています。
Commented by kazuo-nakazato at 2007-12-09 12:55
ますぶちさん、あれだけの名演を多くの人に知らせなくてはもったいないです。
今度プロモーターしましょうか(笑)。
Commented by 鉄道員 at 2007-12-10 11:54 x
去年もそう感じたんですけど、増渕先生の演奏を聴いて、
 「演奏家なんだな」と思いました。単なるレッスンプロではない。(笑)
バッハの通奏低音は、特に聴きごたえがありました。来年も楽しみです。
<< 松の上の家 OMボード会議 >>