絵で雰囲気が変わります

b0035524_1055377.jpg

家のリビングの絵を変えてみました。

前のは油絵でパリの街の風景画でした。

今回のは暗い絵ですが、何かほっとした安心感がわきます。

絵一枚でも部屋の雰囲気ががらっと変わります。

ドアや窓の開口部が多い家が日本には多いですが、絵が飾れる壁も必要です。

壁はあまり木など色や模様がうるさくないものがいいですね。


現場見学会が続きます。詳細はこちらをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

1位との差が少し縮まりました。   ↓皆様また応援よろしくお願いいたします。 
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

創建舎のホームページ
OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2008-02-20 10:12 | ひとり言 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/8075068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by papatyranno at 2008-02-20 21:55 x
"光の帝国"はマグリットの中でも最も好きな絵の一つです。
いわゆる"マグリットの空" が美しく映えていますね。
マグリットは学生の頃から本当に好きで、美術館で掛かる度に
観に行ってます。
画集も買ってますけど、いつかリビングの壁にも掛けたいですねえ。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-02-20 22:49
papatyrannoさん、さすがですね!!
画家の名前書きませんでしたが、「光の帝国」までご存知。
ビール、酒、ギターだけでなく絵画も・・・・恐るべしpapatyrannoさん。。。
Commented by masuminn at 2008-02-21 00:12 x
これって写真じゃなく絵なんですか、と書くところでしたがpapatyrannoさんすごいですね。
マグリットは美術のテキストに載っていたのしか知りませんでした。
パリの街の絵はどんなだったんでしょう?


Commented by タッキー at 2008-02-21 00:35 x
家の部屋の壁には、ビックカメラで貰った、カレンダーつき日本地図が張ってあります。

これも一種の前衛芸術とみることができるかもしれません。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-02-21 12:57
masuminnさん、暗い家や森の上にある明るい空、不思議な感覚です。
油絵は深沢さん(下の名忘れました)という画家でパリの街路と人をいつも描かれている方です。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-02-21 12:58
タッキーさん、見る人が感動すれば芸術ですね。
Commented by boro9239 at 2008-02-22 16:04
いい絵ですね。誰の絵ですか?と思ったら・・・なるほど。(笑)
絵が飾れる壁、確かにとても大事だと思います。

Commented by kazuo-nakazato at 2008-02-23 19:52
竹内さん、ご存知でした?
こういう絵が飾れる家がいいなぁ、と思っているのですが。
<< 石原都知事の愚行 ビッグスリーは過去 >>