工務店の設計施工

b0035524_853508.jpg

新宿にある、リビングデザインセンター「オゾン」。

家を建てる人の多くが尋ねるところですが、住宅に建築家を前面に出してブームを作った先駆けです。

今は、工務店の設計施工にも力を入れ出し、創建舎も昨年は2組のお客様とここで巡り合えました。
工務店の中でも、設計事務所に対抗できるくらいの設計力を持ったところも出てきています。

先日もここで創建舎をご指名くださったお客様と仮契約をさせていただき、その直前の写真です。

審査基準が厳しいここに登録されている工務店は20社くらいしかなく、片や建築家登録は300社を超えています。

とてもアンバランスです。

建築家とは、オーソライズされた資格でもなく独立した若者が今日から名乗っても誰にも文句は(批判はあっても)言われません。

現場でものをつくる人が脚光を浴びる時代が来ています。


現場見学会が続きます。詳細はこちらをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

1位と2位に大きく引き離されました(汗)。↓皆様また応援よろしくお願いいたします。 
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

創建舎のホームページ
OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2008-03-03 09:15 | 創建舎 | Trackback(4) | Comments(5)
トラックバックURL : http://nakazato.exblog.jp/tb/8118393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 学習するということ at 2008-03-03 23:58
タイトル : 人気のある資格
人気のある資格といっても、合格率2パーセント程度の難易度の高い国家資格から、取ってもほとんど役に立たないと言われる趣味的な民間資格まで、多種多様です。ただ人気があることと難易度は関係ないかもしれませんが・・・ ... more
Tracked from 建築生活 at 2008-03-10 15:27
タイトル : どまにゃんセミナー開催しました
3月1日 住まいデザインセミナーを開催しました。 セミナーに先立って、最初にわたしが挨拶しました。このセミナーをやろうと持ちかけた、私の素直な気持ちをお客様にお伝えしました。 それは大要以下の通りです。 建築家の社会的な役割が問われている今、私たちは「安心」に結ばれる、形を超えたデザインをみなさんに届けたい。 私たちは日々、設計活動をし監理をし、また設計を、、、いう日常を送っている。 もちろんデザインを深めるべく、美しい物を目や耳からも接種し、また時にはおいしい物を...... more
Tracked from 環境計量士 at 2008-04-14 09:09
タイトル : 環境計量士
環境計量士は、環境問題に密接に関わってくる資格です。知名度は高くありませんが計量に関する専門知識や技術を証明する国家資格で資格には2種類があり、水質や大気の汚染濃度を測定分析する濃度関係と騒音などの測定分析をする騒音・振動関係に分かれます。... more
Tracked from 資格 at 2008-04-21 22:22
タイトル : 国家資格と民間資格
資格の種類には大まかに分けて国家資格と民間資格とがあります。国家資格とは、国家試験等によって個人の能力や技能を判定し、特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。国家資格には法律の裏付けがあり、そこが国家資格と民間資格との大きな違いと言えます。 また、民間資格といっても、公益法人や商工会議所が主催しているものから、企業、スクールが運営しているものまで実に幅広い分野に渡って民間資格の種類があります。 国家資格は、有資格者には、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって認定されるものが...... more
Commented by junji_hasegawa at 2008-03-03 14:54 x
どまにゃんセミナー」大成功でした。
ありがとうございました。
質問会も最後に行ったのですが、時間が延長しているにも関わらず
数多くの質問を、それぞれ皆さん、熱心に質問して下さいました。
スタッフ共々、今後も繰返していこう!!!との喜びに満ちたセミナーになりました。
建築家の社会的な役割が問われています。私たちは「安心」を設計することが、これからの建築デザインの最重要テーマであり、それを建築家がしっかりことばにしてこななかった。従ってその強いおもいから、こうしたセミナーをはじめました、と、土曜日の開会の辞でそう宣言しました。

さて、オゾンにもこれまでは三顧の礼ではありませんが、2回お誘いを受け、登録をお断りしてきた経緯がありますが、この春の募集には、進んでインタラクティブ社で登録しようと計画しています。
またいろいろ教えてください。美しい爪を保持しつつ(笑)
長谷川順持
Commented by kazuo-nakazato at 2008-03-03 15:29
長谷川さん、ご盛況おめでとうございます。
是非、その様子をブログにアップしてください。

建築家は必ず必要です。数はそんなに必要とされないと思いますが。
その数少ない正規の建築家として、社会的役割を担って行ってくだされば工務店も応援していけると思います。
Commented by junji_hasegawa at 2008-03-03 17:41
はい、書きました。
慣れてないので、時間がかかりますブロガーになるには持続ですね。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-03-03 19:41
長谷川さん、回を重ねるごとにファンは増えていくと思います。
長谷川ワールド、進化させてください。
Commented at 2008-03-04 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 途上国の子供のために クラフトマンシップ >>