カテゴリ:本・映画( 58 )

ゴジラ復活

b0035524_11151173.jpg

前作のアメリカ版ゴジラにはがっかりしましたが、今回は見事に復活!!

子供の時は大興奮しながら、全部観ました。
今からみれば幼稚な撮影手法でしたが、とても怖かった思いと夢を充分与えてくれました。

ストーリーよりも映像が大事でしたが、CGはものすごい映像の進化をもたらしたものです!

アメリカ人にもゴジラの魅力が分かってもらえた感じで、うれしくもありました。

次回作が予定されいるようです。

中里少年のままでいられるのが喜びです(笑)。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-08-02 11:20 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

現代のパガニーニ

b0035524_10213086.jpg

パガニーニを描いた映画の上演予告編を見て、楽しみにしていました。

「悪魔に魂を売り渡して、演奏技術を手に入れた男」と言われていたことは有名ですが、
そのひときわ輝く異彩ぶりは、映画で見事に表現されていました。

パガニーニ役のディビッド・ギャレッドは、やはり現代の異彩ヴァイオリニストでもあります。

輝かしいヴァイオリニストの経歴だけでなく、モデルとしても人気を博したようです。

今回は映画俳優としての才能も発揮していましたが、天は二物以上を与えてしまったようです。

彼がいたから、この映画を企画したと感じましたが。。。

実際のニコロ・バガニーニは「悪魔に魂を売った」として、教会墓地に埋葬するのを拒否された、不幸な最後のようですが。

**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-07-23 10:39 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

「グランド・ブタペスト・ホテル」観ました

b0035524_1501388.jpg

予告編で気になっていた映画を観ました。 「グランド・ブタペスト・ホテル」。

ミステリーあり、アドベンチャーあり、ロマンティックあり、コメディありの、何でもありの映画でした。

音楽もバラライカやチェンバロ、東欧の民族楽器を駆使したテンポ良いもの。

映像は絵本から飛び出したようにファンタジックで綺麗です。

そして、息つく暇もないような速い展開で進んで行きます。

コンシェルジュとロビーボーイとの掛け合いが絶妙!! 一見の価値ありです。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-06-27 15:10 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

WOOD JOB!

b0035524_1143850.jpg

林業の大変さと伝統の深さなどを描いた、WOOD JOB! 。

原作を上手く脚色して面白い映画になっています。

邦画を見直した位です。

木の家の木材が、山の人たちの努力で育てられ出荷されて、現場に使われているのが分かります。

家づくりをしている工務店はもとより、木の家づくりを考えている人たちにも必見です。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-06-09 11:08 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

3Dなんか要らない

b0035524_1722362.jpg

アメイジング・スパイダーマン1が良かったので、2を観に行きました。

最近アメリカ映画で増えている3D(立体映像)の映画でした。

専用メガネが要りますが、チケット購入時にひとり400円も払って買わされました。。。

映画が終わって自宅に持ち帰ることになりますが、依然のメガネも家にあるのです。

帰りにメガネを回収していた映画館もあったと記憶していますが、そうして安くしてもらった方が映画ファンのためになると思いますが・・・・・。

そもそも私は(カミさんも)、3Dでなくていいのです。

最近のアメリカ映画はCGの発達とともに暴力破壊的場面が増え、その効果を増大するために3Dが出てきたと思います。

私はアメリカ映画はここを早く抜けて欲しいと願っている、映画ファンのひとりです。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-05-06 17:10 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

猫侍

b0035524_10353999.jpg

昨日は久しぶりの休日で、映画に。 「猫侍」を観ました。

猫好きな私たち夫婦にとっては、映画の質より猫の可愛さを観に行くようなもの。。。

白猫の「たまのじょう」は、可愛かったです。

しかし、シーンによって違う表情になり、ひょっとして一匹の猫ではなかったような・・・・気も。。。

b0035524_10313952.jpg

映画の後は、カミさんとオデン屋で猫談義。

寒かったので、燗酒がやけに美味しかったです。

こういう映画の後は、ワインという感じでもなかったですが(笑)。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2014-04-21 10:34 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

月と蟹

b0035524_15212794.jpg

久しぶりに小説を読みました。

やはり直木賞作品は、面白くどんどん引き込まれて行きます。

子供の、純粋だが残酷な世界を深くえぐっています。

いつも経済誌や業界紙、また建築専門書ばかり読んでいたので、久しぶりに新鮮な空気を吸った感じです。

それでも今はこの程度の本でも、1か月以上かかってしまいます。

電車移動の時くらいしか読めないからですが、SNSやネットに時間が取られ過ぎていることも否めません(汗)。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-10-25 15:29 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

死について思うこと

b0035524_104034.jpg

ふだんなかなか本を読む時間が取れず、一冊の本が長い間カバンの中に入っていることがあります。

この本もそうで、電車の中で読むのが精一杯で2か月位カバンの住人でした。

今日は鹿児島に来る飛行機の中で、残りを一気に読め読了出来ました。

ワイルドなイメージがある椎名が、死について書いているのに興味を引かれました。

自分の経験や、知人友人たちの死を通して、初めて自分の死を意識して書いていますが、69歳の今もポジティブに生きているエネルギーが伝わって来ます。

私も最近意識するようになり、経済誌や専門誌より、こういう本を読むようになっています。

60歳の今からの、還りの人生をどう生きるか、どう死ぬか、を真剣に考えるようになっています。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-09-11 10:37 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

大統領の料理人

b0035524_1184155.jpg

フランス映画、「大統領の料理人」を観ました。

1980年代にミッテラン大統領の私的な料理を、2年間任された実在の料理人がモデルだそうです。

なかなかの名女優で、すばらしい演技でしたが、大統領がちょっと・・・上品すぎて、もっとミッテランらしいのがいいと感じました。

フランスの「おふくろの味」だそうで美味しそうでしたが、それでも見ただけで腹いっぱいになるようなボリュームの料理ばかり。

でも、フランスの食文化の一端を見られた感じで、食に対する物凄いエネルギーを感じさせられます。

夫婦割引でふたりで2000円で観られるのはありがたいですね。

前回観た映画がアメリカ映画「マン オブ スティール」でしたので、今回はカミさんのリクエストで情緒あるフランス映画を。

次回は、またアメリカ映画「ウルヴァリン」を観る約束になっています(笑)。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-09-09 11:24 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)

還りの命

b0035524_1032820.jpg

3月にご本人から買いました、米沢 慧さん著、「自然死への道」をじっくり読みました。

米沢さんは看護、医療、看取り、いのち、などを考えるセミナーにも取り組まれている評論家です。

「往きの命」と「還りの命」と、人の生き方老い方の姿勢を示した書です。

私も還暦になり、これから「還りの命」を全うする、いい教示書になりました。

誰しも「自然死」を望みますが、なかなかそこに辿り着けないのが実情です。
私の母を見て、つくづくそう感じます。

b0035524_10141486.jpg

米沢さんのお話しも聴きました。

現代の60歳はまだまだ元気ですが、ガンに直面した時などにどう生きるか・・・病気と闘わない、という選択肢もある・・・ナド

「老いる」、「病いる」、「明け渡す」がキーワードになります。

私も自分の意思で最後は逝きたいと、考えていますが、母のことなどを通して、「自然死」は餓死だということを実感しています。

延命治療は、選択できない本人には悲劇です。。。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-07-24 10:24 | 本・映画 | Trackback | Comments(0)