カテゴリ:怖~いお話( 31 )

熊本地震

b0035524_1428593.jpg

国交省の技術官の方が、熊本地震被害を調査されたホットなデータを見ることが出来ました。

木造だけでなく、鉄骨や鉄筋コンクリート造の建物の倒壊もあったそうで、地震動の並外れた大きさを感じました。
(上の写真は倒壊した重量鉄骨造の家です)

b0035524_14313970.jpg

アパートなども長手方向に倒壊している例が多いです。
地盤も大きく裂かれている状況では、上にあった建物はたまりませんね。

時々被害の見えない建物がありますが、たぶん皆2000年の耐震基準の見直し以降に建った建物だろうとの推測です。

地震応答解析で本震の地震波で入力したデータを見ると、耐震等級2でも被害は出ることになりました。
ただ、倒壊まではいかないので、命の危険は少ないようですが。

耐震基準の見直しがまた議論されると思いますが、ガチガチの設計を求められるようになると、家が現実的でなくなってきます。

今まで、住宅は省エネの方ばかり向いて来ましたが、やはり命に直接関わる構造と施工技術が優先されるべきと感じます。

つくり手は、既存住宅の耐震改修にも向いて欲しいと思います。

**************************************************************
↓カミさんのジョイントリサイタルのサイトです。
フーミン&マスミン,ジョイントリサイタル

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2
by kazuo-nakazato | 2016-04-26 14:41 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

超高層マンションの火災

b0035524_11435727.jpg

今朝、品川駅近くの超高層マンションで火事があったそうです(写真はNAVERまとめ、より)。

43階建てのマンションで、27階からの出火だそうですが、まもなく鎮火ししたようです。

27階以上に居た人たちは怖かったでしょうね!

やはり、エレベーターは使えなかったので、階段で下りたようです。

大地震時は・・・・・・・・考えただけで、夜も眠れません。。。

また、子供たちがこういうところで健康に育まれることが、私にはイメ-ジ出来ないのですが・・・。

・・・でも、超高層マンションは高くても売れているのです、しかも上の階ほど高くなるという理解出来ない現象。。。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-09-06 11:54 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

無料耐震診断にご用心

b0035524_11453344.jpg

古い家ですが、完全に土台が腐ってしまっています。

地面から近いために、湿気が多く段々と腐朽したものです。

お風呂周りはほとんどこういう状態が多いです。

こうなるとボロボロになりますので、もちろん構造耐力はありません。

やはり床下に潜れて点検出来るようにしておくことは大事ですね!

外付け金物で、耐震性能を出そうという商品がありますが、古い家ではこういうところに取り付けることになりますので、まったく意味がありません。

ある団体では無料で耐震診断して、外から取りつける金物を施工して、スカスカでもそのまま取り付けてしまうこともあります。

本当はリフォームの仕事を取ろうとするのです・・・・ご用心。。。


**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)

創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細は→こちらをご覧ください。

**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif


b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-07-12 11:53 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

白蟻の手助け

b0035524_9103133.jpg

寒い地方で薪ストーブがある家には、このように薪を家の脇に積んでいるのをよく見かけます。

実は、これではわざわざ白蟻の手助けをしているようなものなのです。。。

薪を食べに来る白蟻が、上に行きながら基礎の上端から家の中に入り易くなります。

さらに、薪と家の基礎や壁の間には、閉ざされた暗い空間が出来るので、蟻が上に登るには最高の環境になります。

また、白蟻は必ず蟻道を作って上がりますが、薪の裏になり見えなくなります。

b0035524_918823.png

こんな感じです(写真はネットで拝借)。

白蟻は出来るだけ、物理的建築的に防ぐことを考えるのが大事なのです。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-10-02 09:22 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

高層ビルには近づきたいくないですが

b0035524_15112489.jpg

高いですね! 横浜日石ビル。

先日やむを得ず、この高~いビルの25階に上がって半日仕事しなければならないハメになりました。

3.11以来、5階以上には上がるまいと決めていたのですが、こういうハメは時々あるかもしれません(汗)。

b0035524_15152479.jpg

上の外観を撮った場所あたりを見降ろして撮っています。

眺めが良くて・・・なんていう気持ちにはなれません・・・。 ましてや、東京スカイツリーなんて・・・。

先日、「関東湾岸の直下型地震の可能性がとても高くなっている」との新聞記事がありました。

b0035524_15214339.jpg

三浦半島付近が震源地だった関東大震災では、北側のひずみは開放されたそうですが、
南側ではフィリピンプレートが北米プレートに沈み込んで、前回の地震から300年くらい
経っていて、ひずみが溜まっているそうでM.8クラスの大地震の起きる可能性が高い、というものです。

それでも、まだまだ建ち続ける高層ビル・・・。 ましてや、高層マンションなんて・・・。

なるべく縁がないようにしたいものです。。。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-06-01 15:26 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

解体発注にご用心

b0035524_927272.jpg

1950年代から70年代前半に大量に建てられ、築40〜60年経過した家が解体されることが急増。

解体時期を迎えただけでなく、少子高齢化で空き家になった実家を解体する例も多いそうです。

最近はネットで、解体業者を探せることもあり、個人が直接業者に依頼するケースも増えてるようです・・・・が、

トラブルに巻き込まれることも多いのです。

例えば・・・

1.安いからと不法投棄している業者に依頼すると、依頼主にも罰則や損害賠償が来ることもあります。
不法投棄をしていることを知らなくても、依頼主に責任が生じます。

2.隣家などに迷惑をかけたり、傷つけたりして何のケアもしないでトラブルに依頼主が巻き込まれたりします。

3.予定外の解体が出たとして、法外な追加請求をされるケースもけっこうあります。・・・ナドナド

責任を負って請け負うのが、我々工務店の仕事です。

1. は、マニュフェスト伝票などで確認、チェックを行ないます。

2. は、事前の挨拶回りを必ずして、養生を徹底させます。

3. は、可能性ある予定外の工事を事前にお知らせし、出た場合にはその金額の妥当性を精査し、業者と交渉します。・・・ナドナド

工事保険も入って万全を期します。

こういう役目を持っている請負を「中間搾取」と標榜する輩もいますが、彼らが最終責任を取ることはありません。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-05-07 09:55 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

その時、地下鉄はどうなる?

b0035524_12592615.jpg

新しい東京の地下鉄はけっこう深い所にありますね。

大地震で河川の水位が上がった場合、どうすればいいのでしょうか?

ゼロメートル地帯の地下鉄入口から浸水して、すべて冠水する可能性が怖いです。

b0035524_1325441.jpg

(国土交通省、都市・地域整備局ホームページより)

平成15年にあった、福岡の地下街への浸水の写真です。

「5階以上に上がらない」に加え、「地下鉄に乗らない」と行きたいところですが・・・・汗。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-05-02 13:06 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

配管は横から

b0035524_12221249.jpg

酒や食べ物ばかりでなく、そろそろ建築のことを載せなくてはいけません・・・笑。

ベタ基礎にして打ち継ぎがない基礎は白蟻の侵入対策にかなり有効だと以前にも書きましたが

上の写真のように、配管は土間の下からではなく、横から中に入れるのがやはり白蟻対策には有効です。

最後に配管とコンクリートの隙間をきちんと埋めれば、白蟻が入り難そうなのがわかると思います。

また、将来的に配管を取り替える場合にも施工し易く、基礎を壊すことがないので維持管理等級が上がります。


現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チーム創建舎ブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。



リフォームの新しいHPが出来ました

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_11492584.gif

快挙! 3年連続採択!!
by kazuo-nakazato | 2010-12-22 12:35 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(1)

サイディングでいいのか?

b0035524_93381.jpg

大手ハウスメーカーさんや建て売り住宅を中心に、住宅の外壁はサイディングが主流になりました。

その主な理由は工期が早い、左官などの職人が不要など、つくり手側の都合が主でした。

私は外壁サイディングは使わないようにお勧めしています。

ひとつは写真のように、目地の劣化が著しく雨漏れの原因になり易いからです。

更にサイディングメーカーさんの都合で、時間が経つと廃版になりメンテ修理が出来なくなるからです。

でも一番の理由は・・・海外から帰国した時、成田空港からの電車の車窓から見える郊外の家並みが、
皆サイディングで、日本の家の貧相さが恥ずかしくなるからです。

新幹線の車窓からの眺めでも、郊外の家並みは同様です。

「手間がかからない、お手入れの要らない材料」を求める消費者ニーズがそうさせたと思います。

「セラミック〇〇コート」などと言う呼び方で、手入れ不要のような印象を与えていたメーカーさんも居ました。

消費者のレベルがそのまま街並みまで反映した、と言っても過言ではないと思います。



現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チーム創建舎ブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。



リフォームの新しいHPが出来ました

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_11492584.gif

快挙! 3年連続採択!!
by kazuo-nakazato | 2010-11-12 10:10 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(10)

アメリカカンザイシロアリ拡散

b0035524_1121184.jpg

天井裏でアメリカカンザイシロアリの糞のテンコ盛りです。最近の写真だそうです。
日本ボレイトさん提供)

東京では中野区辺りに生息が多く見られ、その被害が広がりつつあります。

土壌シロアリと違い、搬入木材や家具などの経路、また隣家への飛び移りなどで拡散しているそうですが
水がなくても生きていけますし、木材の中に生息するので処理が難しいのが困りものです。

日本全土に広く薄く生息していると考えた方が良さそうで、
対策は今の内から採る必要があるかもしれません。

今のところ、ホウ酸散布での予防が一番効果的のようですが、アメリカではホウ酸が主流になっています。

(社)日本しろあり対策協会ではまだ農薬系の薬しか認定されていませんが、業界内の事情が優先しているようで何とかして欲しいところです。


現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チーム創建舎ブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。



リフォームの新しいHPが出来ました

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_11492584.gif

快挙! 3年連続採択!!
by kazuo-nakazato | 2010-11-05 11:17 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(4)