カテゴリ:匠の会( 64 )

見送って参りました

b0035524_1415198.jpg

工務店経営者の巨星が逝かれました。

こもだ建総の菰田会長。

匠の会で大変ご面倒かけてしまった大先輩ですが、厳しい方でした。

その代わり面倒見がよく、親分肌の方で、私にも叱咤しながら惜しみもなく自分の知恵を披露してくださくいました。

今日は菰田さんの告別式。

ひとことお礼を言いたくて伺いました(・・・もっと早くお礼を言っておくべきでしたが)。

(日本住宅新聞社の田部さんは「菰田さん行ってらっしゃい」と送り出していました)

菰田さん、ありがとうございました。


最近大人気の社員大工、宇野のブログですこちら
**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-12-18 14:26 | 匠の会 | Trackback | Comments(0)

鳴子のエピソード

b0035524_1413170.jpg

昨日は書ききれませんでしたが、午前中のテレビ取材で私が引率した2年生たちは映りたくて1時間くらいで植林を飽き、カメラの前に行って念願を叶えていました。

集中力や興味を持ってもらうのは1時間~1時間半くらいが限度ですね。

b0035524_14182837.jpg

鳴子温泉街にこういう看板があったのですかさず入りました。

b0035524_1419981.jpg

「看板に偽りなし」でした。

おいしいし、量もたっぷりで1050円。

色の怪しい、毒キノコのようなきのこもありましたが・・・笑。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

なかなか1位に迫ることが出来ませんね。  ↓皆様また応援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

創建舎のホームページ
OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2008-05-23 14:22 | 匠の会 | Trackback(2) | Comments(4)

小学生たちとの植林

b0035524_20224019.jpg

今日は一日小学生たちと植林していました。

宮城県鳴子町にあるエコラの森。
地元では「ドロボー山」として知られていて、小学生たちも知っていました。

10数年前にこの山の所有会社が破産し、債権者が山の木を盗伐して裸にしていったもので、後ろの裸の山もその一部です。
今はNPO法人エコラ倶楽部が管理しています。

彼らは地元の川渡(かわばた)小学校の1,2,3年生たちです。
午前中は彼らと植林です。
匠の会の社長たちがそれぞれ4人ずつくらい引率して一緒に植えます。

東北放送とNHK仙台が取材に来ていました。

b0035524_20344263.jpg

私は2年生の4人を引率して一緒に植林しました。

穴を掘るのが大変なので私が担当。
ちょっとやらせてみましたが、2年生ではまだ力がないですね。

b0035524_20365988.jpg

午後は4,5,6年生たち。

植林のやりかたの説明を受けています。

b0035524_20383675.jpg

高学年たちはさすがに早いです。

午前中の低学年たちの5倍は植林しました。

b0035524_20393764.jpg

1500本くらい植えました。

彼らが60歳から70歳くらいになったときにこの杉の木が成長して森になり伐採時期を迎えます。
学校からも近いので、時々自分たちが植えた木を見に来てくれると思います。

東北放送では今晩放映されるそうですが、穴を掘っている私を長く映していたので、テレビに出るのではないかと思いますが東京に帰ってきたので見られません(涙)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

なかなか1位に迫ることが出来ませんね。  ↓皆様また応援よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

創建舎のホームページ
OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2008-05-22 20:55 | 匠の会 | Trackback | Comments(6)

危うく凍死?

b0035524_17522351.jpg

匠の会の中間期総会が福島の山の中の温泉旅館で開催されました。

b0035524_17543310.jpg

この時は外の紅葉がきれいで、ちょっと寒いくらいでした。

b0035524_17553563.jpg

会議も終わり懇親会となりました。

b0035524_1756197.jpg

福島の郷土料理だそうで、「こづゆ」というお椀です。

里芋、人参、干し貝柱、干し椎茸、きくらげ、しらたき、絹さやがとてもいい味で煮込まれていました。

b0035524_17595434.jpg

ところが酔っ払って朝起きると、ご覧のような雪景色!!!

b0035524_182157.jpg

帰り際にあったりんごの木。とても綺麗で思わず車を停めてもらって撮りました。

以前、宴会の後気が付いたら外で寝ていたということがありましたが、今回でしたら間違いなく凍死でした。
危なかった・・・・・笑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログも是非ご覧ください。

またまた追いつくように頑張ります。↓皆様、応援お願いいたします。 
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-11-22 18:06 | 匠の会 | Trackback | Comments(18)

樹齢100年の木の家

b0035524_10533199.jpg
先日、餅まきをやって上棟式を迎えた家の木は樹齢100年です。

柱は100年杉、土台は桧で紀州の龍神の森から産直で来ました。

b0035524_10591322.jpg

とても目が詰まっていて強い木ですが数がありませんので、残念ながら限定品になっています。

これで建てていただくお施主様には、60年生の木よりそれほど上がらない値段で供給させていただく代わりに、1棟あたり12万円(税別)を育林費として、伐採後の龍神の森への植林と育林(下草刈り等)などの費用として山に還元していただいています。

山の資源をお金を循環させて生かしていく取り組みです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログも是非ご覧ください。


1位は、はるか彼方に行ってしまいました(笑)。 
皆様、また応援 ↓ お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-11-03 11:08 | 匠の会 | Trackback | Comments(6)

木造は火に弱くない

匠の会で毎月開催している「匠塾}。

今月は「最新!木造住宅の防火性能」でした。

b0035524_12173646.jpg

建築防火では最先端を行ってらっしゃる 桜設計集団の安井昇さん が講師でした。

驚くことに、被害の大きかった建物火災では耐火建築物のほうが火災死亡者が多く、中には1972年の大阪千日デパートの118名、ホテルニュージャパンの33名、最近では歌舞伎町雑居ビルの44名などがありますが、1972年以降では木造は1986年のホテル大東館火災24名のみだそうです。

これは人が死ぬのはまず黒煙を吸ってしまうからだそうです。黒煙の一酸化炭素は10%の濃度ですが人の致死量はわずか0.1%です。一吸いで死にます。

木は燃えて周りが炭化して来ますと、その炭が幕になって中まで燃えにくくなります。

b0035524_12444851.jpg

その燃える厚み(燃え代(シロ)と言います)をある程度取ってやれば構造に問題なく建物は残るわけです。
4.5cmあればOKです。
例えば18cm角の柱を使って、9cmの柱で持つように構造計算してやれば、その建物は燃えても崩れないわけです。

こういう風にして、木が住宅以外の構造に使えるようにしたり、外側にも使えるようにして京町家を修復したりするのに役立てています。

今では安井さんの努力で、木が現れている軒裏と木が張られている外壁が都市部でも可能になってきています。

そうすれば段々と街並みが綺麗になってくることが期待できます。


おかげさまで1位を続けられています。  ↓ 今後とも応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-10-19 12:50 | 匠の会 | Trackback(5) | Comments(16)

国産材の家

b0035524_14142985.jpg

匠の会の定例会で会議の前に行なわれた千葉工務店の展示場での勉強会。

オール国産材にこだわった家です。

外壁は焼いた杉板張りと、半田土を混ぜた漆喰塗りです。

b0035524_14195657.jpg

熱心な質問が飛び交い、細かいところまで情報を取り合っていました。

国産材ですべての材料を賄うのはなかなかコストも含め、難しいところです。

外部のデッキ材も栗や唐松の材を使っています。

ここは防火規制のない地域ですので外部に木を使ったり出来ますが、東京ではほとんど出来ません。

家並みにある程度木が見えているといいものですが・・・。


2位の方が入れ替わっていますね。 ↓皆様、今後とも応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-09-20 14:24 | 匠の会 | Trackback | Comments(0)

山を循環させる世代の継承!

b0035524_2156690.jpg

匠の森プロジェクト5月に植林した時の集合写真です。

小学生たちと一緒に。

よく見ると皆いい顔をしています。(写真をクリックすると大きくご覧いただけます)

世代間で継承されないと、山は循環できません。
家を建てる人たちが使う木に支払いをして、山にお金が帰ってきます。

「生産を生む消費」です。

・・・・・私だけ、明日から日曜日までの3日間遅い夏休みを取らせていただきます。・・・・・
・・・・・と言っても蓼科でギターの修行です。また出来ましたらアップさせていただきます。・・・・・


日本の森林が生きるようになればいいですね。 ↓皆様、いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-08-23 22:03 | 匠の会 | Trackback(1) | Comments(8)

匠塾-東大名誉教授の話

b0035524_1358172.jpg

毎月第三水曜日に行なわれている匠の会の「匠塾」。

昨日は東大名誉教授の有馬先生の講義。匠の会の入会審査委員長を務めていただいています。

木や森林のことなどでは第一人者です。
匠塾は第一級の講師を呼んで行なわれ、会員社のレベルアップに繋げます。
木の具体的な数値と特性を分かり易く面白く講義されますが、人気のある先生です。

余談で、「CO2が地球温暖化の直接原因かはわからないが、化石資源がなくなるのは事実だから、CO2を発生させるそれらを使わないで済むようにすることが大切だ。」とおっしゃっていました。

石油は後50年、天然ガスは40年、何とウラニウムは35年・・・原子力はそう永く続かないということです。
35年後にはこういう暑い時でもエアコンなしで過ごすことになるかもしれません。

その点、国産材の木を使うということは、CO2の固定化が出来ることだけではなく、お金が再生産に戻ってくるのですばらしいことなわけです。

化石資源のように「消費が消費を生む」のではなく、
「生産を生む消費」でサイクル(好循環)が出来ると強調されていました。

その後の打ち上げでも私などとこの話の延長で、えらくまじめな先生です(笑)。


朝、雨が降ったら少し涼しくなりました。 ↓皆様、いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-08-23 14:14 | 匠の会 | Trackback | Comments(8)

匠塾

b0035524_1121224.jpg

匠の会で毎月「匠塾」を開催して、会員社のスキルアップを図っています。

第一回目は白蟻のことでした。

先月と今月は建築構造の第一人者、山辺豊彦さん。

6月20日から始まった建築基準法の改正で新たに設置された、指定構造計算適合性判定機関の中心的な存在でもあり、行政にもアドバイスしたりする方です。

地盤調査の意味、スウェーデン式サウンディング工法の原理、またその見方・解析の仕方を分かり易く講義してくれました。
地盤調査会社の分析を鵜呑みにするのではなく、自分たちでもジャッジできるようになって欲しいとの思いが伝わりました。

b0035524_11315688.jpg

住宅の基礎と軸組の構造の考え方、これも分かり易く教えてくださいました。

模型も持参しての講義でとても理解し易い内容の講義でした。
(お手伝いしているのは、千葉副理事長)

「構造設計はマニュアル通りやソフトに任せてやると、おかしなところでもOKになることがしばしばある。」
「行政でもそういう面からしか見ようとしないが、感覚でわかることも多い。」

・・・として模型を使って、ソフトやマニュアルでOKと出た例でもいかにOKでないかを実感させてくれました。

構造でも自分の考えをきちんと持つべきというところが、山辺さんが一番主張されていたところと感じました。

構造屋さんというと、姉歯のイメージが一般には繋がると思いますが、「マニュアル通りだけでもダメなんだよ。」というところが山辺さんが一流である所以と実感しました。

・・・・・構造の匠です。飲んでもおもしろい方でした(笑)。


皆様、いつもありがとうございます。 ↓でも、引き続き応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。

by kazuo-nakazato | 2007-07-19 11:43 | 匠の会 | Trackback(4) | Comments(4)