カテゴリ:社員研修(中山道)( 9 )

一押し「ぜんざい」

b0035524_104436.jpg

白川郷での一服はこの合掌造りの店で。

外は暑くても中は涼しいです。

b0035524_1051323.jpg

疲れていたので、「ぜんざい」を注文しました。

ここのぜんざいは、囲炉裏でグツグツ煮ていて、とろっとしています。

それが何と!おいしいこと。。。

「おかわり自由ですよ」とのことでしたので、2杯。 
それでも飽きません。 お腹が一杯になったので止めただけです。

始めにいただいた水がとてもおいしく、水のせいかもしれません。

京都の八橋「オタベ」の料理長が、「とてもかなわない味だ」と言ってたそうです。

それでも600円で食べ放題。
以前大阪の大学生3人が「本当に食べていいんですか?」と全部平らげてしまったそうです。

この晩のお酒はあまり飲めませんでした・・・

・・・いかに日常お酒で糖分を採っているかわかります・・・汗。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

あぁ~!3位に転落・・・(汗) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-17 10:15 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(6)

手仕事展

b0035524_993757.jpg

妻籠・馬篭や飛騨で見つけた手仕事。
これはお土産もの。

b0035524_9104455.jpg

消化用水槽と桶

b0035524_911789.jpg

消化器入れ

b0035524_9283930.jpg

水車

b0035524_931334.jpg

囲炉裏

b0035524_9321975.jpg

このガラスは初期の板ガラス。

今のようにフロート法での作り方でなく、手仕事にかかっていた工法でしたので表面には凹凸があります。

かえって、それが味があっていいものですが・・・。

手仕事の共通項は「味がある(出る)」だと思います。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

そろそろ2位も危うく・・・(汗) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-15 09:44 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(2)

明善寺「語録集」

b0035524_18363291.jpg

合掌造りの明善寺の庫裏の廊下に飾られていたものです。

わかったようで、何だかわかりにくい・・・・・。

b0035524_18375959.jpg

ネコさんなんか、まさに「そのまんま」で生きてます。

b0035524_18381660.jpg

ご住職ではないでしょうね、これ(笑)。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

そろそろ2位も危うく・・・(汗) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-14 18:40 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(2)

飛騨高山-2

b0035524_9181181.jpg

高山市には「古い町並み」という街路があり、景観保存されています。
軒が低いです。

両側の排水溝は山からの雪解け水で、綺麗な勢いのある水が流れています。

b0035524_9213031.jpg

煎餅を焼いている店、みたらし団子や五平餅を焼いている店、飛騨牛の串焼きを焼いている店など、
いろいろなおいしそうなものだらけでした。

b0035524_9242947.jpg

朴葉(ほうば)の上で飛騨牛と味噌を炭火で焼き、味噌が焦げてきたら、からめていただきます。
とてもおいしいものでした。

b0035524_9285988.jpg

飛騨牛コロッケのサンドイッチまで。

ちゃんと建物も見て、勉強してきました・・・念のため(笑)。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

そろそろ2位も危うく・・・(汗) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-14 09:33 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(2)

飛騨高山-1(100年住宅)

b0035524_9191967.jpg

白川郷から飛騨の高山に移動。最終日は各自自由行動。

私はまず「名建築」と誉れが高い、重要文化財の「吉島家住宅」に。

明治38年から数年かけて建てられ、今では100年住宅です。

b0035524_9203012.jpg

この民家の最大の見どころは、土間の吹き抜けです。

高窓からの光の移り変わりとともに、梁や大黒柱がその陰影を変化させていく演出が見事です。

b0035524_9243573.jpg

その奥には囲炉裏があります。

ここでお茶を振舞っていただきました。

b0035524_9242683.jpg

高山の民家にはだいたい蔵が付いているようですが、ここの蔵は座敷の前室付きです。

蔵の内扉は玉杢の板が嵌め込まれていますが、今時手に入らない材です。

この当時は旦那衆がいて、代官と民との調整役を行い、民から信頼されていたそうです。

吉島家も旦那衆の一人で、行政の役割、銀行の役割などあらゆることを統制して社会が成り立っていたようで、
大工などの職人もその統制下にあり、景気が悪くなると自分の家を普請したりして経済を回すように努力していたそうです。

この家もそういう時代背景に生まれた民家で、名工とうたわれた棟梁、西田伊三郎の最後の技で出来たものです。

大工や職人を育てる文化を、今流にでもいいですから再構築する必要があると実感しました。

〇マホームのような家ばかりでは、こういう家を存続させる大工さえ残りません。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

1位のブログは頑張りすぎですね(笑) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-13 09:38 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(0)

であい橋

b0035524_10472137.jpg

白川郷では駐車場があるこちら側からは庄川を渡って向こう側に行きます。

この渡る橋は「であい橋」という名です。

ご覧のように、とてもスレンダーで途中に支える柱などがありません。

初めて見ると技術者でも「大丈夫かな?」と思わせるデザインになっています。

b0035524_10513964.jpg

実際に渡るときは吊り橋ですので揺れます。

PC鋼板をコンクリートで包んだ構造で、厚さ19㎝だけの薄い橋となったそうです。

ちょっとスリリングな橋です。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

1位のブログは頑張りすぎですね(笑) ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-12 10:55 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(2)

世界遺産「白川郷」

b0035524_8292351.jpg

世界遺産に認定されている、白川郷。

かつて亡命で日本にきたドイツの建築家ブルーノ・タウトが初めて世に紹介したそうです。

その中で最大の合掌造りで5階建てです。
これは明善寺というお寺の庫裏(くり)でもあり、住職さんが住まわれています。

b0035524_8361689.jpg

NHKの「ゆく年、くる年」で何度か出ている鐘楼門。

暮れの梵鐘が頭の中で鳴り響きます。

b0035524_8413568.jpg

「神田家」、昨年5月に茅葺屋根の葺き替えが行われたそうで、
片面1日ずつ200人くらいで一辺に葺き替えるそうです。

b0035524_8504052.jpg

2階。

b0035524_8513764.jpg

3階。

b0035524_853993.jpg

4階。

b0035524_8541589.jpg

合掌させている太い木は、一本ものの梁や筋交いとワラナワで締めくくっていて、釘や金物は使っていません。

地震があると1階が揺れ上は揺れず、風があると上が揺れるそうです。

強風の時は「ミシミシ・・・」と音がして動くそうですが、風が止むとまた「ミシミシ」と言って戻るそうです。

先人の知恵ですね。 見ている間にも揺れます。

観光客の中には「怖い!」と言って、上に行かなかった人もいます。

b0035524_962477.jpg

茅葺を下から見上げるとこんなに厚いです。

よく1日で葺き替え出来ると思いましたが、昔は1日で両面やったそうです。

・・・・今は労働基準法があって、1日8時間なので・・・・・なるほど。。。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

2位で定着しています! ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-11 09:10 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(8)

馬篭、妻籠

b0035524_21484478.jpg

我々が泊まったところは民宿でした。 でもこういう歴史ある建物です。

ホテル並みのサービスやお風呂は望むべくもないですが。

b0035524_2151369.jpg

馬篭には島崎藤村の記念館があります。生家だそうですが。

「夜明け前」はここ馬篭も舞台になりました。「破戒」も懐かしいです。

b0035524_21525566.jpg

藤村の本の挿絵を竹久夢二が描いているのですね。(写真をクリックすると大きくなります)

オリジナルがありましたので、思わずショット。

b0035524_21561010.jpg

これでもれっきとした郵便局です。

これも懐かしいポストです。

b0035524_21581765.jpg

馬篭からバスで30分くらいの移動で着いた、妻籠。

こちらの方が街路が長く、宿場町の体を残しています。

b0035524_21591878.jpg

軒下に燕の巣が多く、人間慣れしている感じがしました。

b0035524_221859.jpg

この燕は夫婦だと思いますが、ずっとここに停まって行きかう観光客を見下ろしていました。

b0035524_2272992.jpg

このネコさんは、店先で一生懸命営業していました。

建物やその地の歴史を感じているつもりが・・・。 

でもかわいい!!! これは万国共通です。。。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

2位で定着しています! ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-10 22:10 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(0)

長野の飯田市へ

b0035524_20243020.jpg

社員研修旅行に来ています。貸切バスで長野の飯田市に向かいました。

b0035524_20243710.jpg

飯田市のOMソーラー工務店、大蔵建設の大蔵社長が迎えてくださり飯田市のりんご庁舎に。

そこで、飯田市の歴史と再開発の概要、大蔵建設さんの取り組みと飯田市との協働などの話を聞きました。

地元飯田市の市民や行政にまで完全に密着して活動しているのがすばらしかったです。

b0035524_20292337.jpg

先ほどのりんご庁舎だけでなく、民間施設も再開発。

古い倉庫をリニューアルして、「三連蔵」という名で展示室と2つの店を儲けた例です。

b0035524_20331488.jpg

そのひとつはバー。

古い梁などはそのまま表して、いい感じのデザインで内装されています。

b0035524_2035788.jpg

大蔵建設さんの現場もお邪魔、渡り顎工法の家です。(右に写っているのが大蔵社長です)

「伊那谷の森で家をつくる会」で地元の根羽杉を使った家です。

b0035524_20405680.jpg

「大蔵建設現場心得」です、さすがです。(写真をクリックすると大きくなります)

b0035524_20411534.jpg

飯田市の公民館で採用された、OMソーラー。(ハンドリングボックスが見えます)

図書室の中と、事務所の中が冬は暖かい空気で暖められます。

b0035524_2175989.jpg

18時半ころに馬篭宿に着いたころは薄暗くなっていました。

いい雰囲気の街並みです。

b0035524_20452796.jpg

宿に着いた時は皆くたびれてお腹がペコペコ。

待ちに待った夕食。盛りだくさん!

・・・・・・と、これで終わりではありません・・・。

風呂に入った後、22時からミーティング・・・。

スパルタ、創建舎・・・笑。

現場見学会のお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スタッフリレーブログ(毎日更新!)も是非ご覧ください。

b0035524_9534932.jpg
創建舎のホームページ

b0035524_11271877.jpg
「東京家づくり工務店の会」のホームページ

2位で定着しています! ↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。

by kazuo-nakazato | 2009-04-09 20:48 | 社員研修(中山道) | Trackback | Comments(6)