カテゴリ:社員研修(東北)( 4 )

牛タンとワインで復活

b0035524_1155290.jpg

山寺で山門出口にあった老木。

1円玉がビッシリ。50円玉もあります。
修学旅行の生徒たちが差し込んでいましたが、寺の人が時々取るのでしょうね。

お布施として、いいアイデアかもしれません(笑)。

b0035524_11101054.jpg

これが1000段くらい登ったところにある、郵便ポスト。。。

ここの担当郵便配達員さんに、ご同情申し上げます。


ところで、研修旅行ではいつも、社員大工たちは地元の道具屋をあらかじめ調べて見に行くのです。

酒田市でも調べて行きましたが、あまりいい店はなかったようです。
帰りの途中の新潟の燕三条は道具の街ですが、今回は寄れなかったです。

道具の街といえば、やはり兵庫県の三木市でしょうか・・・・内藤商店さんにお伺いするのもいいかもしれません。

下手な観光地より目的があった所に行く方がいい研修旅行が出来ます。

b0035524_11111444.jpg

疲れて帰った昨晩は家で、先日いただいたBAROLOを味わいました。

イタリアの高級ワインですが、普段は飲めないワインですのでとってありました。

お土産の山形の牛タンで・・・・・復活(笑)。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-05-13 11:23 | 社員研修(東北) | Trackback | Comments(0)

土門拳の凄さを味わい中

b0035524_11584563.jpg

酒田市の土門拳記念館に来ています。

彼の肖像写真を見たくて来ました。

「なんて間がいいんでしょ」と言いたくなる写真がある。あまりに間がいい写真は、かえって嘘になる。

気力は眼に出る。
生活は顔色に出る。
教養は声に出る。しかし、悲しいかな、声は、写真のモチーフにならない。

年はうしろ姿に一番出る。悲しみも…。

土門拳が、風貌について語ったことを彼の写真を通して良く感じることが出来たのは嬉しかったです。

いつまでも見ていたくなっています。

端正な顔の志賀直哉と、色男ぶりが出ている高見順が特に印象的でした。

イヤハヤ、ものすごい写真家です!

また、この建物は芸術院賞を受賞していて、その空間にいるだけでも興味が尽きないです。
設計は谷口 吉生氏。

420円の入館料でとてもお得な時間を過ごせます。
by kazuo-nakazato | 2012-05-12 11:55 | 社員研修(東北) | Trackback | Comments(0)

難行苦行の研修旅行

b0035524_144748100.jpg

とんでもなく高いところにある、山寺、立石寺。
♪山寺のおしょうさんは~♪の歌で知られている寺です。

1020段の階段を登って来ました。

寺院を造る材料などを運ぶだけでも大変なことだったでしょう。

現に、上の方にある売店の飲み物などは高いです。

ポストもあったのにはビックリ。
郵便配達の方は大変ですね。

b0035524_14572427.jpg

心臓をバクバクさせながら、膝をガクガクさせながら、登って来たご褒美の眺めです。

難行苦行続きの、研修旅行です(笑)。
by kazuo-nakazato | 2012-05-11 14:46 | 社員研修(東北) | Trackback | Comments(0)

腰にきたボランティア

b0035524_17531584.jpg

社員研修旅行で東北、宮城の東松島へ。

昨年の大震災で、津波の被害をうけた地域のひとつです。

創建舎がある大田区がボランティアセンターを設けているところで、研修の一環で半日だけですがお手伝いに来ました。

先ほど終わりましたが、かなりヘタバリました。

作業は道路側溝の掃除。
所謂ドブ掃除です。
子供の頃、よくやらされました。

かなり臭いヘドロをシャベルで櫂だし、袋に詰めて置き場にまとめます。

臭い泥水は跳ねるし、アマガッバは着込んでいますが、汗だくの泥だらけになっての作業となりました。

それより私にとっては、腰が辛かったです。
今晩は熟睡でしょうw

それにしても、簡易テントのセンターで働いている方もボランティア。

27歳の好青年ですが、「これは、やらなきゃならない」と使命感を抱き、勤めていた会社を辞めて続けているそうです。

日本も、まだ捨てたものではないな、と暖かい気持ちになりましたが、頭が下がります。

スタッフは有志ですので全員ではないです。

社長と大工の親方は参加しているのに・・・賞与査定には影響しません(笑)。
by kazuo-nakazato | 2012-05-10 17:50 | 社員研修(東北) | Trackback | Comments(0)