カテゴリ:クラシックギター( 283 )

熱海デイ&ナイト

b0035524_1745659.jpg

昨日はお休みをいただき、熱海の知人にカミさんと会いに(・・・ついでに温泉宿泊も・・・笑)。

熱海在住の彫金作家で、クラシックギタリストでもある松村さんのアトリエにお邪魔。

Nationalというアメリカのメーカーの貴重なリゾネーターギターで、ボトルネック奏法を披露してくれているところです。

b0035524_17491556.jpg

松村さんは、ナイフメーキングもされていて、ご自身が造った超一級のハンティングナイフが揃っています。
(左上は、まだ製作途中のナイフで、これから焼きに出して、刃を研いだり柄を付けたりします)

ステンレスの板材から手や器械で切ったり削ったり、磨いたりして鏡面仕上げやヘアーライン仕上げて行きます。

焼きも入れたりして大変長い時間をかけて造られるナイフは、持っただけで緊張しますが、その重さや感触などはナイフを離し難くなります。

鹿の角や堅木、竹などで柄も造り、本皮で鞘ケースも造ります。見事、の一言です。

b0035524_1758227.jpg

夜はカミさんも入れて3人で、松村さんの馴染みのワインバーに。

優れた才能や技を持たれている人の話しは引き込まれ、楽しいひと時を過ごしました。

ギターの話題を中心に話しに華が咲き、時間が過ぎるのを忘れてしまい深夜のご帰還となった次第。。。


創建舎棟梁、上井戸のブログですこちら

社員大工、道具にこだわる岡田のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-03-11 18:06 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

岡野聡子&佐藤真澄ジョイントリサイタル

b0035524_13253371.jpg

昨日のホマドリーム主催、岡野聡子さんとカミさんのジョイントリサイタル。

上の写真は、ギタリストでホマドリーム代表の竹内永和さんが、岡野聡子さんの演奏を聴き終わり絶賛しているところです。

19世紀ギターを弾いての古典曲が中心でしたが、見事!のひとことです。

b0035524_13311951.jpg

後半はカミさんの演奏。

ちょっといつもと違った感じで危ない所も出ましたが、破綻はなく何とか無事に収めました(・・・ホ!)。。。

自分で演奏するより緊張しました(笑)。

b0035524_13345340.jpg

前半は岡野さんの古典曲中心で、後半はカミさんの現代曲と南米物で組み合わせの良いプログラムでした。

(カミさんの佐藤姓は旧姓ですが、芸名(?)ではそのままで使っています)

b0035524_1337746.jpg

アンコールは、デュオで「ニュー、シネマ、パラダイス」。

ギターへの編曲者の竹内さんも聴かれていた中での演奏でしたが、ふたりのコンビネーションは良かったです。

私との時のデュオより、いい感じでちょっと落ち込み・・・・汗。

50席位の小さな会場でしたが、ほぼ満員でした。帰る時に満足顔されている方が多かったのが良かったです。

チェンバロを置いてある音楽室でしたので、事前と事後で2台のその移動が大変で、私の大事な仕事となりました(笑)。


創建舎、棟梁のブログですこちら

社員大工、宇野の人気ブログですこちら

スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-02-24 13:51 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

原善伸ギターリサイタル「LARGO」

b0035524_10121738.jpg

デビュー40周年記念と新CD「LARGO」発売記念の、原善伸さんのギターリサイタルを聴きました。

新しくなった銀座ヤマハホールは音響も良く、銘器サントス・エルナンデスの魅力ある音が満員のホールに響き渡りました。

大曲揃いで聴きごたえある演奏でしたが、一音一音よく考えられた力演で、曲の魅力を引き出す効果ある演奏表現のデパートという感じでした。

音のメリハリ、強弱、硬柔の使い分けなど、緻密に計算し尽くされた設計で臨まれた演奏と感じました。

タンスマンの「カヴァティーナ」は難曲ですが、独自の解釈での修正譜で演奏され、その意図がしっかり聴き取れました。

ドイツ国立ケルン大学を卒業され、ドイツで教授活動もされて来られた方ですが、今は洗足学園音楽大学クラシックギターコースの教授をされています。

クラシック音楽の世界ではクラシックギターはアウェイの状態でしたが、音楽大学で専門の学科が出来る意義は大きいです。

門下生からはメジャーコンクールの優勝者を数名輩出されていて、プロとして活躍している方も多いです。

アンコールは3曲弾いてくださいましたが、また前回のように「グラン・ホタ」が聴かれなかったのは残念でした(笑)。


最近大人気の社員大工、宇野のブログですこちら

スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2013-01-21 10:55 | クラシックギター | Trackback | Comments(2)

「Nuovo Cinema Paradiso」練習中

b0035524_9531526.jpg

12月中旬にお客様の家で夫婦でギターを弾くことになり、各自のソロ以外にデュオも準備中。

と言ってもお互いになかなか練習時間が取れないので、デュオは1曲で精一杯。

シネマの名曲です。

b0035524_9565779.jpg

いくつかの曲で構成されていますが、映画の中のどういう場面で流れた曲なのか、DVDを借りて見ました。

でも、どこで流れたのかわからない部分があり、難しくもあるのでそこは割愛することに。。。

カミさんは2月23日のホマドリームでのジョイントコンサートでも弾くので、省けませんが(笑)。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-12-04 10:09 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

経過順調

b0035524_12472754.jpg

昨日の手術後の経過は順調で、出血も止まり傷口も塞がった感じです。

2日後に、もう一度術後検診をして、問題なければ終わりです。

本当にすごい技術だと、改めて実感します。
医学の進歩と、それを推進される医師や研究者方々に敬意を表します。

b0035524_12553395.jpg

実は、今回嬉しいような、子そばゆいような、経験も味わいました。

三角巾をして電車に乗ると、席を譲ってくださる方がいるのです。

今朝も診療所に来る途中の電車で、やはり席を譲られました(涙)。

これ以降は必要なくなったのですが、三角巾はいただいて来ました(笑)。
by kazuo-nakazato | 2012-11-06 12:46 | クラシックギター | Trackback | Comments(4)

指の手術受けました

b0035524_1034227.jpg

2か月前に予約していた名医の手術を今朝一番で受けました。

腱鞘炎のひとつである「バネ指」に、ここ2年ほど悩まされ手の外科学会の医師に依るステロイド注射で凌いできました。
クラシックギターの練習が原因です。

夏に再々発したので、今度は外科的に治そうと決心し、世界で一番先端的な手術をあみ出し、多くの音楽家の指を治してきている名医にお願いしました。

ピアニストのアシュケナージやポリーニ、指揮者の小澤征爾氏などの指も治している手の外科の第一人者です。
NHKテレビでも紹介されたそうで、初診は予約がけっこう先まで詰まっています。

手術と言っても、大きく切開しないで2ミリ程度の切り口から内視鏡を入れて、腱鞘を切るのですが、とても技術と経験が要りそうな治療です。

そのおかげで切開部を縫う必要はなく、回復が早く、跡がほとんど残らないそうです。

今日は三角巾状態ですが、明日の術後のチェックで問題なければ外せるようです。

指の故障で悩む音楽家やスポーツ選手は多いようですが、私的には東洋医学やステロイドの対処療法などよりも、
手術技術は比べ物にならないほど進化しているので、こういう方法を選んだ方が今は正解だと思います。

・・・・・片手でここまで打って疲れましたので、後日談にいたします(笑)。

早く、またギター弾けるようになりたい!!!



**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-11-05 11:02 | クラシックギター | Trackback | Comments(10)

埼玉卒業

b0035524_992355.jpg

先日の日曜日は久しぶりのギターコンクールに挑戦@埼玉ギターコンクール。4回目の挑戦です。

指の調子がまたおかしくなり、バネ指前兆状態でしたが何とか、ほぼ練習通りに弾けた感じでした。

審査結果が届きましたが、結果は同点6位。

私より上位の方々、また入賞の3人の方々は特に若いギタリストたちでした。

会場はお世辞にもいいとは言えない音響環境ですが、
審査委員長の「メリハリのある演奏をした人が入賞した」という講評に考えさせられるものがありました。

技術的にはとても若いギタリストたちに及ばないオジさんギタリストですので、
大人的演奏で聴かせることしか対抗策がありません。

多分これが、ここでの私の限界かと実感している所で、ここは勝手に卒業とすることにしました(笑)。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)←最近面白くなって来ていますよ!

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_11424017.png

(「いいね!」をお願いいたします。)

b0035524_9342470.gif

(創建舎のHP)

b0035524_10165849.jpg

by kazuo-nakazato | 2012-10-04 09:27 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

ギターを弾けるのは幸せです

b0035524_1401486.jpg

腱鞘炎のバネ指の治療から、少しずつ指が動き出し、やっと無理しなければ練習が出来る程度になりました。

練習途中の曲を、また弾き出しています。

以前、師匠にいろいろと書き込まれた楽譜を引っ張り出し、さらっています。

コンクールにまた挑戦してみようと、モチベーションが高まって来ました。

喉元過ぎれば、なんとやら…(笑)
by kazuo-nakazato | 2012-05-14 13:59 | クラシックギター | Trackback | Comments(2)

バネ指再発

b0035524_14195411.jpg新しい曲を練習すると、つい、のめり込んで長時間弾いてしまい、指を痛めます。

今回もやってしまいました。。。

昨年発症した指の腱鞘炎である、バネ指が再発。

痛みがひどくなり、ここ3週間くらいギターを弾けずにいました。

安静にして自然に治らないか様子を見ていましたが、まったく良くなる気配もないので昨年同様に整形外科に行きました。


手の専門医はあまりいないようですが、「日本手の外科学会」という専門医の組織があって、そこの専門医に診てもらいました。

b0035524_1430033.jpg

なかなか予約が取れない医者なのですが、今日はいるとわかったので今朝強引に押し掛けました。
やはり、昨年同様にケナコルトというステロイドを腱鞘に注射しました。

手は敏感なので、ことさらこの注射は痛いです。
今はまだ痺れていて、快方に向かっているかわかりませんが。

この専門医は音楽家の間で引っ張りだこの手の名医、元赤坂診療所の仲尾医師の師匠で、日本の手の専門医の第一人者だそうです。

ちなみに、この元赤坂診療所はNHKに取材されたことで、3カ月先まで予約でいっぱいでした。

東洋医学で長い期間かけて治療するか(それで治る保証はないですが)、指を使わないようにして自然治癒を待つか、
という選択肢は私の性に合わないので辞めました。
ステロイドへの批判はありますが、それをちゃんと使えるか、ちゃんと患部に打てるか、が大事なようです。

手の外科学会でも、自然には治らないし、マッサージなどは逆効果、とアピールしていますので、
日本の第一人者と言われる手の専門医の治療法を信じることにしました。

吉と出るか凶と出るか・・・笑。

ギターを弾けない人生なんて・・・悲しいですから(汗)。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ

b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-04-17 14:47 | クラシックギター | Trackback | Comments(10)

ギターの師匠と兄弟子ご夫妻をお招きして

b0035524_1448238.jpg

昨晩はギターの師匠、堀井先生と、兄弟子ご夫妻をお招きし楽しい晩餐をいたしました。

カミさんが昼間から仕込みにかかっていた内のひとつ「インボルチーニ」involtini。

カジキマグロを何度もたたいて(←うるさかった・・・)薄くし、パン粉やアーモンド、
バジルなどを細かくして混ぜたものに巻いて、パン粉をかけた状態です。

お腹が満たされるように、貧しいイタリアの村で工夫された食べ物です。
これを油で揚げずオーブンで焼きます。

シチリア旅行で更に磨きがかかった味となりますやら・・・。

b0035524_1513528.jpg

これが、輪切りにしたインボルチーニをいただいているところです。

シャンパンや白ワインに抜群に合います。

私が手伝ったのはカルパッチョ用の鯛の柵を薄く切ったことです(笑)。

豚肉の牛乳を使った煮込みも好評でした。

b0035524_1532291.jpg

我が家の締めはパスタ。トマト味のプッタネスカです(←写真撮り忘れ・・)。

楽しい宴は夜遅くまで続き、ギター談義を中心に話に花が咲きました。

先生もスペインでご苦労された時や、東京国際コンクールで優勝した時の写真を見せてくださり、
いろいろなヒストリーが繋がりました。

藤井敬吾さんとのスペインでの逸話も面白かったです。

スペインでの宿泊地に「100%・・・出る、家」があるそうです(汗)・・・だから安い。

でも、翌日には皆出て行くそうです(怖)・・・ナドナド。。。


**************************************************************
現場見学会・イベントのお知らせです。詳細はこちらをご覧ください。

毎月Webマガジンが見られる「創建舎だより」を配信しています。
お申し込みは→→ こちら
**************************************************************
スタッフブログ「ひめくり創建舎」(毎日更新!)も是非ご覧ください。

順位争いが激しいです(汗)↓皆様またぽちっと、よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングに参加しています。ブログ・ランキングに参加中(←ぽちっとな)by kyoco-chan
ありがとうございました。


創建舎スタッフたちの一日を取材していただいた→a House of colla:j VOL.14

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2

大工の棟梁、上井戸を載せていただいた→a House of Colla;J Vol.6

b0035524_9342470.gif

創建舎ホームページ


リフォームのHPです
b0035524_10165849.jpg

TO-IZホームページ
by kazuo-nakazato | 2012-01-16 15:17 | クラシックギター | Trackback | Comments(4)