<   2004年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

かわいそうなポニー

b0035524_2042974.jpgb0035524_2044948.jpg




















現場となりの幼稚園に子供たちへのサービスとしてポニー(小さい馬)が来ていました。
軽トラックに積まれてしかも2頭も詰まれていました。
大工が撫でるとうれしそうにしていましたが・・・・。
by kazuo-nakazato | 2004-11-30 20:09 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

VOC測定-2

b0035524_19472822.jpg先日お引渡ししました家のVOC測定結果です。














ホルムアルデヒド 1階0.02 2階0.03 (厚生省ガイドライン0.08ppm)
トルエン       1階0.05 2階0.05 (同          0.07ppm)
ジクロロベンゼン  1階0.01 2階0.01 (同          0.04ppm)

という低い値でした。

b0035524_19474910.jpg当然窓などを締めきって行うわけですが、気温が19度ということもあり、低い数値となっています。
夏ではもっと上がります。
それ以上に生活し始めるとグンと上がります。
by kazuo-nakazato | 2004-11-30 20:01 | 創建舎 | Trackback | Comments(0)

ギタリスト-1

b0035524_8334035.jpgプロのギターリスト登場です。
小川和隆さん

あの「禁じられた遊び」で有名なナルシソ・イエペスに師事され、イエペス考案の10弦ギターを主に弾かれています。
イエペスが弾いていた(残念ながら2年前に亡くなりました)10弦ギターを作った、パウリーノ・ベルナベに特別に頼んで作ってもらったギターです。すばらしい音色です。(10弦ギターと一緒に写真は撮れなかったので上記URLで見てください。)
本日は茶位幸信さんの6弦ギターを中心に弾かれていました。これもまた良い音色です。

会場は渋谷のオペラシティーの中にある近江楽堂という、教会風な(教会かもしれません)とても音響環境の良いホールでした。
音が素直にストレートに聴衆に伝わってしまうので、演奏家は返って難しいかもしれません。
(小川さんは高校時のギタークラブの私の一年先輩です。)
by kazuo-nakazato | 2004-11-28 08:48 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

子供時代のシンタロウが出てきそう?

シ・ン・タ・ロ・ウ・ガ・リ

b0035524_18555095.jpg

「何があるんだろう・・・」と気になって覗きたくなります。
何故か子供の時にあったようにワクワクしました。
by kazuo-nakazato | 2004-11-27 18:59 | 東京町家 | Trackback(1) | Comments(2)

外の友達「白」・・・現る!!

路上採取  まゆ毛ネコ・・・現る!!
b0035524_18455480.jpg体をすり寄せて「ごはん ちょーだい」
前と違ってここのところ夜に来るようになりました。b0035524_18474336.jpg



















けっこう太って来ました。
あちこちで冬支度をしているのでしょう。
by kazuo-nakazato | 2004-11-27 18:48 | 外の猫たち | Trackback | Comments(2)

離瓦、敷瓦(藤岡瓦)

b0035524_9163277.jpg屋根舞台という新屋根開発集団が有り、新しい瓦や屋根の創作をしていますがその代表の 小林 保さん がデザインされた 離瓦が左の家の屋根に葺かれています。
「瓦、透いていたらきれいだろうな」との思いから防水という役目をなくして、瓦と瓦の縦流れ方向の間が離れてきれいな屋根を形作っています。
防水の役目はその下のガルバリウム鋼板瓦棒葺きが担っています。
離瓦は外断熱の役割もしているとのことです。

b0035524_931637.jpg

敷瓦です。大きな敷瓦は割れないように焼くことが難しいとのことでとても手間ひまかかりかなり高額なものになってしまうようです。30cm×100cmくらいで10数万円とのことでした。
玄関わきの壁に埋め込まれているのは敷瓦の裏をわざと見せているものですb0035524_9323366.jpg








                          玄関内外の敷瓦です。
                            とてもきれいでした。
by kazuo-nakazato | 2004-11-22 09:41 | 匠の会 | Trackback | Comments(1)

すいか

b0035524_13522160.jpg「おかえり!」と昨晩も迎えてくれました。
「すいか」、通称「すい」。

家内に救われてから13年は経っていますので、推定18歳くらいのはず。
実はもう耳はほとんど聞こえないようです。
でもそれを感じさせないほど、他の感覚で補っているようです。
長生きしてほしいです。

今朝、外の白の友達が「ごはん ちょうだい」と来ました。
写真は撮れませんでしたが、太っていて元気でした。
ほっとしました。

今日も嫌われたかぁ?
by kazuo-nakazato | 2004-11-21 14:00 | 娘とスイカ | Trackback(1) | Comments(0)

ほんまもん-2

b0035524_211112.jpg本物のいぶし瓦を見てきました。匠の会の総会の翌日の行事(まじめでしょう)です。群馬県藤岡瓦です。
たった一人で瓦を一枚一枚ヘラで磨き上げ、天日で乾燥させ、松の薪を主として焼き上げます。
機械で型を作り、ガス窯で焼く現代の方法と違い、ほんとの手作りです。

日本ではこうした昔ながらの手法で窯で焼いているのは2箇所しかないそうで、そのひとつが左の 五十嵐 清 さんです。

その後ろにあるのが「達磨窯」で、この窯を作る人も今ではいないということで、五十嵐さんが自分で修理しながら使い続けているとのことです。
b0035524_21142746.jpg

b0035524_21122317.jpgこうして出来上がったいぶし瓦は艶があります。
工場で作った瓦を隣に置いて比べると美しさの違いがはっきりとわかります(写真では無理)。

また水に浸けると工場品はなかなか乾かないけれど、五十嵐さんの瓦はすっと水がひきます。保水しているとのことです。しかし下には湿ってこない。
おどろくことに調湿して野地板にやさしい瓦となるとのことです。

ただ残念ですが、10日で1000枚しか作れないとのことで(40坪の家で2500~3000枚くらい)、注文が詰まって一年くらいの納期がかかるとのこと。匠の会の工務店が一社その場で一年後の注文をしていました。
路上採取  スレート瓦
by kazuo-nakazato | 2004-11-19 21:26 | 匠の会 | Trackback | Comments(2)

ほんまもん-1

b0035524_20523054.jpg匠の会で25周年記念臨時総会を草津で開きました。

水増しが多い温泉でも草津なら大丈夫だろうと「ほんまもん」の温泉を選びました。

湯畑からは熱い(80~90度くらいと聞きました)源泉が沸き、木の箱の道中を経て温度が下がり(60度くらいと聞きました)各旅館やホテルに配られるようです。




b0035524_20583227.jpg

by kazuo-nakazato | 2004-11-19 20:59 | 匠の会 | Trackback | Comments(0)

25周年

b0035524_20462034.jpg匠の会が25周年を迎えました。朝日新聞広告局に支援されながらもこれほど続いた工務店の組合はないと思います。
夜の宴会までも喧々諤々と論争しているような超まじめな協同組合です。
by kazuo-nakazato | 2004-11-19 20:51 | 匠の会 | Trackback(3) | Comments(0)