<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

プレミアム・ウィスキー

b0035524_194733.jpgb0035524_19473282.jpgえらい物をいただいてしまいました。

新築中のお施主様がアイルランドに出張された折にお土産を買ってきてくださいました物です。

「ミドルトン」・・・、アイリッシュ・ウィスキーです。

それも年間1200ケースまでしかつくられていないプレミアム・ウィスキーです。

b0035524_19531913.jpg←2005年の8632本目のようです。

12年以上熟成されたモルトからつくられるとのことです。
b0035524_19544316.jpg














たまたま家内がブッツ(ドイツのメーカー)のローストビーフを買い込んでいましたので、これはグッドタイミング!と早速いただきました。

とてもマイルドでスムースな味です。至極の味!!!です。

Iさまご馳走様です。(でも何かプレッシャー感じますね・・・笑)


おかげさまでランク調子いいです。人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-28 20:00 | 酒と食べ物 | Trackback | Comments(12)

小さな施主主催のホームパーティー

b0035524_14562180.jpg小さな施主から完成したばかりの家でのホームパーティーに誘われ、いそいそと営業・設計・現場それぞれの担当者たちと出かけました。

小さな施主はピアノ演奏を披露して私達を歓待してくださいました。
ピアノの上に置いてあった譜面と弾いていた曲が違っていたのがおもしろかったですが、何の曲を弾いてくれたのか不明です(笑)。

この小さな施主からは以前レターをいただいておりました。


b0035524_1553537.jpgb0035524_1554531.jpg












たまたまこの日はきれいなお母さんのお誕生日でした。お持ちした花束を喜んでくださっているところをショットです。おめでとうございます。
小さな施主ははっきりと「~歳!」とばらしていました・・・。

飾り棚にある赤ちゃんの時の写真と一緒にこの家のプレゼン模型が飾られていました。
うれしいですね。

b0035524_15104955.jpgb0035524_15105746.jpg












私もお礼にギター演奏を。
初めてクラシックギターの生演奏を聴いたようです。お兄ちゃんも一緒に聴いてくれました。

またレターをいただきました。(写真をクリックすると大きくなります)↑

ゆうと君ごちそうさまでした。お母さんの料理とてもおいしいね! うらやましいです。

お施主さんもブログに載せてくださいました。

ランクアップしました。またお願いいたします。人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-26 15:11 | お客様宅でのギター演奏 | Trackback(1) | Comments(12)

アメリカ人施主の上棟式

b0035524_12164946.jpgb0035524_12165888.jpg












昨日厳寒の中、上棟式が行われました。

お昼過ぎからの早めの上棟式で、お酒の酔いも尚更効きます。

お施主様のご主人はアメリカ人で英語が堪能な日本人の奥様とご一緒に住まわれる家です。
小さなお子様はご主人の日本語の先生になりつつあるようです(笑)。もちろん英語もペラペラのバイリンガルです。

地鎮祭も上棟式も日本流でしてくださいましたが、ご本人も良いご経験になられたのではないでしょうか。

奥様が作ってくださった料理でおでんなどもおいしかったですが、アメリカでのサーモンパテなどの料理も絶品で、私どもにとってもうれしい上棟式になりました。

設計・監理;長谷川順持建築デザインオフィス

施工;創建舎 (監督;橘 泰一  大工;上井戸 健一)


人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-25 12:30 | 地鎮祭、上棟式 | Trackback(1) | Comments(4)

やった!荒川金メダル

b0035524_20182052.jpg
先ほどインターネットニュースを見ていたら、フィギアスケートの荒川静香が金メダルを取ったとのこと。

まったく振るわなかった今回の冬季オリンピックでしたが、やりましたね。万歳!!!

(写真と以下【】内の記事は中日新聞のホームページより転載いたしました。)

【トリノ五輪第14日の二十三日(日本時間二十四日)、フィギュアスケート女子はフリーを行い、荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得、日本に今大会初のメダルをもたらした。五輪フィギュアで日本選手のメダルは一九九二年アルベールビル大会銀の伊藤みどり以来2個目、金メダルはアジア選手で史上初の快挙となった。

村主章枝(25)=avex=は4位、安藤美姫(18)=愛知・中京大中京高三年=は15位。サーシャ・コーエン(米国)が2位、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)が3位。

 ショートプログラム(SP)で1位のコーエンとは0・71点差の3位につけた荒川はフリーで、出場二十四選手中、最高の125・32点をマーク。コーエン、SP2位のスルツカヤを逆転した。

 村主は二〇〇二年のソルトレークシティー大会5位に続く入賞。安藤は五輪女子史上初となる4回転ジャンプに挑んだが転倒し、成功しなかった。】

安藤の4回転ジャンプは決めて欲しかったですね。

荒川は一度はやめようと思ったスランプ時期もあり、アメリカでやり直しをかけた努力家です。

世界選手権に優勝したけど年齢が足りなく出場出来なかった少女への同情票が多かったですが、私はロシアのスルツカヤの方が断然上だと感じていました。
そのスルツカヤを逆転しての金メダルですからすごい快挙ですね。

荒川選手に感動された方、是非一票を。人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。


完成見学会を開催いたします。「蔵のあるOMソーラーの家」です。

場所;東京都杉並区桃井

日時;2月25(土)、26(日)

設計・施工;㈱創建舎

監督;石川 泰司
大工;田上 勝義

案内図ご希望の方は創建舎のHPよりお申し込みください。
by kazuo-nakazato | 2006-02-24 20:29 | ひとり言 | Trackback(3) | Comments(2)

怖~いお話-②

b0035524_973293.jpg2/21に載せました「怖~いお話」の写真は4年目のものでしたが、これは3年目のものです。

きのこも生えていて腐って朽ち始めている状況です。
左は米栂です。

風雨にさらされて腐っていったのが大きな要因ですが、木が朽ちるのはこれだけではありません・・・・・。










b0035524_9135941.jpgb0035524_914743.jpg












左は切られたばかりの桧の丸太の切り口。

右は数年放置された桧の丸太。
白身部分が食べられているのがわかりますね。桧と言えども白身は弱いのです。
中側の赤身は死んだ木の細胞で油分が多いところで白蟻は避けますし、腐りもないです。

b0035524_92968.jpg←柱や土台材はこのように赤身から採ります。

柱や土台は太いばかりが大事ではなく、芯持ちで赤身が多く入っているかが大事なのです。

この周りの残った辺材は板や割り箸などにして使われます。

怖いことはこういう事実を供給サイドが知らなかったり、知っていても供給者サイドの都合で無視していることが多いということです。

このあたりをもう少し次回にお伝えいたします。
「怖~いお話」はまだ続きます・・・・。

怖~いお話でランク上昇しました。また応援お願いいたします。人気ブログランキングに参加していますので是非
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。


完成見学会を開催いたします。「蔵のあるOMソーラーの家」です。

場所;東京都杉並区桃井

日時;2月25(土)、26(日)

設計・施工;㈱創建舎

監督;石川 泰司
大工;田上 勝義

案内図ご希望の方は創建舎のHPよりお申し込みください。
by kazuo-nakazato | 2006-02-24 09:39 | 怖~いお話 | Trackback(1) | Comments(4)

桜咲く

b0035524_2255068.jpg今日は娘の高校受験の発表の日でした。
高校受験と言っても、桐朋学園の音楽部ヴァイオリン科です。

16・17・18・19と四日間も試験が続き、夜家に帰ると気を使わざるを得なかったのですが、ヴァイオリンは15名位しか受からないとあって朝からソワソワ・・・。

「弦の桐朋」と言われ,多くの音楽家を輩出してきてレベルが高いのは承知していましたが、やはり難関のようですので気が気ではありませんでした。
でも午後4時に発表後、「受かったよ」と連絡あり、ホット・・・・・。

本当にイヤなものです、結果を待っているのは。(本人は飄々としていたのですが)
何もしていませんがヘトヘトです。

本当はこれからが大変なのですが・・・。

怖~い記事のおかげでしょうか?5位に上がりました。また応援お願いいたします。人気ブログランキングに参加していますので是非
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-23 22:13 | 娘とスイカ | Trackback | Comments(14)

怖~いお話-①

b0035524_20223736.jpg今日は怖~いお話をします。

この写真はなんだかお分かりになりますか?

4本の柱などに使われる木を外にさらしておいて4年目に撮った写真です。

何が起こっているのでしょう?

木の材質は左から桧、杉、米栂、ホワイトウッドの集成材 で太さはどれも105ミリ角です。

4本の木と言っても3本しか見られませんね・・・。
そうなのです、4本目は形がなくなるほど腐ってしまったのです。

桧と杉は赤身もそのままでしっかりと残っています。
米栂は下の方が腐って来ていて、全体にもぼろぼろになって来ています。
集成材は・・・・・ご覧のとおり・・・。

こういう木材を柱や土台に使って家を建てるとどうなるでしょう?
あなたは建てますか?

実は現在建てられている家のほとんどはこの集成材で建てられているのです。
しかも工務店やハウスメーカーの経営者や担当者もこういう事実を知らない人が多いのです。

どうです、すごく怖~いお話でしょ!

こちらにも怖~いお話が→集成材と無垢の柱


怖~いと思われた方、人気ブログランキングに参加していますので是非
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-21 20:32 | 怖~いお話 | Trackback(5) | Comments(22)

「蔵のある家」見学会

b0035524_21594028.jpg完成見学会をお施主様のご好意で開催いたします。

題して「蔵のあるOMソーラーの家」です。

場所;東京都杉並区桃井

日時;2月25(土)、26(日)

設計・施工;㈱創建舎

監督;石川 泰司
大工;田上 勝義

案内図ご希望の方は創建舎のHPよりお申し込みください。

人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-20 22:06 | 創建舎 | Trackback | Comments(2)

盛況の見学会

b0035524_1922295.jpgb0035524_19224087.jpg











b0035524_1927537.jpg
伊礼さん設計の岸根公園の家の完成見学会は盛況のうちに終わりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
b0035524_1929674.jpg







面積の割には広がりを感じさせる空間です。
奥の低めの天井とリビングの緩やかな勾配天井との織り成す空間が絶妙です。

1階にある浴室は今回は在来工法でタイル床にはOMの補助暖房からの温水配管が敷設されています。→

b0035524_19352445.jpg

←Jパネルで作ったテーブルは相羽建設さんの現場で見たものをまねた物です。
大工が簡単に作ったものですが、住まい手の方がご自分でも作れると思います。b0035524_1939635.jpg

設計者、伊礼智氏。→
ポーズを取ってもらいました。(クリックどうぞ)

・設計監理  伊礼智設計室 (伊礼智、梅田冴子)
・施工     創建舎 (監督 増田憲彦 大工 上井戸健一)

人気ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてください。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-02-19 19:43 | 東京町家 | Trackback(2) | Comments(13)

お別れいたしました。

本日、社員大工のT君の告別式でした。
お別れしてきました。

また、通夜・告別式にご会葬いただきました皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

社員の皆もご苦労様でした。
by kazuo-nakazato | 2006-02-18 17:42 | 創建舎 | Trackback(1) | Comments(2)