<   2006年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

岐阜県立森林文化アカデミー-④(工務店とは?)

b0035524_16485189.jpgb0035524_1646811.jpg森林文化アカデミーの施設建築を午前中一通り案内してもらい、午後にはクリエーター科の生徒たちとの対面対談ということになりました。(左の方は先生の野池政宏氏)

生徒側から質問を受け、それに工務店側が応えるという形でスタート。

「リフォームの仕事で何が一番難しいですか?」から始め、リフォームの質問が多く出されました。

「リフォームは今後成長産業で新築の減少を補うだろう」という考えが生徒たちにあったようです。
けっこう現実的な質問ばかりで、ここら辺は大学や社会経験を経た生徒たちで構成されているからだと思います。

設計をやりたい人が数人いて、「設計事務所と工務店の仲の悪さ」は生徒たちには意外だったと思いますが、盛り上がりました(笑)。

工務店の監督となって現場でものを造ることに夢を持っている人がいなかったのは残念です。
もっと工務店の職能、監督の重要性などの情報を工務店側は発信していかないと、気がついたら設計者ばかりゴロゴロいて、現場で造る人がいないということになりかねません。
現にそうなり始めています。目ざとい人ならこれから現場監督を目指すでしょう。

現場監督と大工、このスタッフを育てている工務店がごく少数になりつつあり、数年後には一地域に一社もいなくなるでしょう。
私が若い大工を社員化しているのはそのことを踏まえてのことなのです。


おぉ!!2位になっています。皆様、ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-30 17:08 | 匠の会 | Trackback(6) | Comments(4)

税務調査はお好き?

b0035524_19362375.jpg何だかとても疲れました。

実は昨日と今日、税務調査が入ったのです。

←国税調査官の2人のシルエットが建具越しに見えます。

きちんと3年ごとに調査が入っていましたが、今回だけは4年目。
何かある?のか気になりました。

もちろん、悪いこと、うしろめたいことはありません(←キッパリ)。
でも何故か税務調査って受身になってしまいます(キッパリと言い切れないのかなあ・・・笑。)

b0035524_19422581.jpgb0035524_1942413.jpg












最近の新聞を賑わした、税金の無駄遣い!
(写真をクリックしますと大きくなり、何が書いてあるか読めます。)

ちゃんと税金払いますから・・・こういうことは止めてよね!!!

税務調査って「粗探し」みたいに感じるのは私だけでしょうか?

一杯税金納めて、「税務調査大好き!お待ちしています。ウェルカム!」と成りたいですね。。。


まだ3位で頑張っています。皆様、また応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-28 19:50 | 創建舎 | Trackback(2) | Comments(8)

増渕利昭ギターソロの夕べ

b0035524_8252155.jpgLECGCの会長、増渕利昭さんのソロコンサートが昨晩、横浜大倉山記念館ホールでありました。

毎年年末に開催されますが、ホールが取れなかったようで平日の夜となりました。

弾かれた曲は第一部でウォーターカラー、スケルトン、サンデイ・モーニング・オーバーキャスト(A.ヨーク)、リュート組曲第3番(J.S.バッハ)。

第二部でフリーリン、マーリーの亡霊、イントロダクション&サンバースト(A.ヨーク)、5つの前奏曲(H.ヴィラ・ロボス)。

アンコールでソルのエチュードでした。

増渕さんと言えば、ヨークという位、A.ヨークの曲の全部を弾かれたそうです。
ヨーク自身が聞いたら感激するでしょうね。

バッハは久しぶりに弾かれたそうですが、丹精に演奏されだんだんと引き込まれる演奏でした。

ヴィラ・ロボスは5つの前奏曲を一度に聴く機会はほとんどありませんでしたが、各曲の役割みたいなものが感じられて新しい発見がありました。

増渕さんはお人柄から多くの方々に慕われていますが、演奏にも表われ、肩の張らない気さくないい演奏でした。  

すばらしい夜を過ごさせていただきました。


まだ3位で頑張っています。皆様、また応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-28 09:40 | クラシックギター | Trackback | Comments(2)

岐阜県立森林文化アカデミー-③(生徒になった気分で)

b0035524_15562335.jpg教室の机に座った、30~50年前に学生だったヒネた生徒たち。

こうして教室の机に座るのは教えを受けるという感覚が甦り、なかなかいいものでした。

でも少しも謙虚さが出てこない、たくましいオヤジたちではありました。

工務店の経営者というのはなかなかしぶとく生き残っていく人種なのです(笑)。
人のいいのが多いのも特徴ですが。。。


b0035524_1631067.jpgb0035524_1631681.jpg












↑教室の壁は石膏ボードをそのまま表わして、つなぎ目に杉の桟を入れただけの簡単なもので、コストを落とす手段だったようです。

そこがデザイナーの現場感覚の欠如でした。
石膏ボードはきれいな手で扱わないと表面の紙はすぐ汚れます。一枚一枚手を洗いながら作業をするのはかえって手間のコストの方が高くつくでしょう。
また、きれに張ったとしても全体が完成するまでに汚れるでしょうし、それを防ぐ養生をすればコストダウンがまた無意味になってしまいます。

結局、後で表紙だけ張ったそうです(コストダウンにはならなっかたということ)。

右は杉で作った教壇(自力建築?)。

しかし、この時期でもけっこう寒いです。
外と教室の中と同じくらいの温度です。・・・・・温熱環境がまるで出来ていない建物でした。

まあ、生徒はたくましく育つにしても、若くない先生には堪えますね。

上の写真で教室の入り口の上が横ガラリになっていますが、ビニール幕がかけられています。
これを取るともっと寒いでしょうね。

教職員室の入り口にも目一杯ビニールが張りおろされていました。

先生方も楽じゃないですね。


3位で頑張っています。皆様、また応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-26 16:17 | 匠の会 | Trackback(2) | Comments(8)

リースケ@オペラシティ

b0035524_9203451.jpg昨年7月に来日した   ヴルフィン・リースケ

今年も来ました。

オペラシティ・リサイタルホールで昨日その完成された演奏を聴きました。

弾いた曲はヴィラ・ロボスのプレリュード3番、エチュード1・8・11・12番。バッハの無伴奏テェロ組曲第一番(BWV1007)。リースケ作曲の紫色の墓。ヴォルターのジャミリーハ。アルベニスの入り江のざわめき・グラナダ・アストゥリアス。

b0035524_9454090.jpgアンコール第一曲目はパコ・ペーニャ編のジプシー民謡(曲目忘れました)。

次に「バリオスとタレガのどちらかを弾きますので選んでください。」と聴衆に促し、どちらかに手を上げさせましたが「OKバリオスの後にタレガを弾きます。」とご愛嬌。

バリオスの最後のトレモロ、タレガのラグリマ・マリーアを弾いてくれました。
バリオスはこの曲を書いた4日後に亡くなったそうです。

日本語は出来ないので英語でユーモアのあるトークを交えながらのステージでした。

愛用のギターは1925製のサントス・エルナンデス。残存も少ない銘器中の銘器です。
途中細いヒビを表面版に見つけ「オー、クラック!」と言ってショックを受けていたようです。
演奏中の合間にも気にしていて、ちょっとかわいそうでした。

彼の演奏後のお辞儀は日本人以上に深々として、きれいでした。
演奏も世界一流の域でした。


タマちゃんを抜いてナベ調査隊が迫ってきました。皆様、また応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-26 09:51 | クラシックギター | Trackback(5) | Comments(0)

晴れ男汚名挽回

b0035524_1143974.jpg←昨日の地鎮祭。

ちょっと寒かったです。
もう冬という空ですね。

神主さんはご高齢でしたが早めに準備できてしまったため、お施主様方が到着するのを車の中でお待ちいただきました。

雲行きが怪しかったですが、何とか持ちこたえました。


b0035524_1147301.jpg←本日の地鎮祭。

昨晩から雨模様でしたが、朝には晴れてお日様が顔を出してくれました。

昨日よりは暖かく救われました。
やはりテントがなくやるのはいいですね。

月曜日の地鎮祭と合わせると、今週は3回も。
今までで初めてのことです。

晴れ男の面目もたちました。。。


2位~5位までのバトルはすごいですね。また応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-24 11:51 | 地鎮祭、上棟式 | Trackback(4) | Comments(8)

岐阜県立森林文化アカデミーー②(自力建築)

b0035524_11341052.jpgb0035524_11341899.jpg












前回の続きです。
生徒さんに案内していただき施設を見学させていただきました。

その中に授業の一環で、校内に必要な施設を生徒内でコンペして採用された案を基に、生徒たちが自分たちで作る「自力建築」というおもしろい取り組みがあります。

左・・・自転車置き場。 屋根を支える支柱の組み方がユニークですが、ちゃんと構造設計されています。

右・・・作業の後にシャワーを浴びたいという要望が強かったそうで、シャワー施設だそうです。
丸柱をちょっと短く切りすぎて、上にパッキン代わりの化粧板が挟みこんでいたのがご愛嬌。

b0035524_11432589.jpgb0035524_11433475.jpg












左・・・OMソーラーの集熱ガラスが付いている小屋。これも自力建築。

右・・・その中です。 木の乾燥室でした。OMもなかなかうまく使われています。

肌で建築を感じ、学び覚えるというすばらしい教育環境だと思います。

しかも県立で安い授業料ですので、建築を学びたい方は老若男女問わず、どうぞ・・・。


ギター仲間たちの応援もいただき3位まで戻りました。ありがとうございます。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-23 11:51 | 匠の会 | Trackback(3) | Comments(1)

日経ホームビルダーに載りました。

b0035524_10235363.jpg工務店の業界雑誌ですが、「日経ホームビルダー12月号」に創建舎のことが4ページで紹介されています。

「わが社の得意技」というコーナーですが、インターネットとブログでの広報に焦点が当たっています。

得意技なら、設計力と施工力の方で出してもらいたかったですが(笑)。


b0035524_10302359.jpgb0035524_10303257.jpg












写真をクリックすると大きくご覧いただけ、何が書いてあるのかわかります。
雑誌を買わなくてすむかもしれません^^;。


もう少しタメになることを出さないともっと落ちるかも。皆様、また応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-22 10:33 | メディア | Trackback(2) | Comments(14)

やはり超高層は心配!

b0035524_18105222.jpg今日の日本経済新聞に衝撃的な記事が・・・、

超高層ビルは、大地震のときに発生する長周期地震動には共振して大きく揺れる可能性が大きいとありました。

数年前の十勝沖地震の時に、石油タンクが炎上した記事が大きく出ていましたが、あれも共振により石油が大きく振幅してタンクからあふれ出たものでした。

新宿にある超高層は長周期地震動を考慮してなかった建物が多いようです。

昨年亡くなられた東大名誉教授だった匠の会の審査委員長、杉山一男先生とその前にお会いした時「超高層など大地震に一度見舞われないと正しい設計など出来ないので、多く建たない内に早く大地震が来た方がいいんだ。」と恐ろしいことを言われたのを思い出しました。

せめて、来るその時に超高層ビルの中にいないことを祈るばかりです。。。


また・・引き離されました。皆様、また応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-21 18:28 | 怖~いお話 | Trackback(4) | Comments(8)

横浜ギタースクール第3回B会

b0035524_16543171.jpgb0035524_16544043.jpg












横浜ギタースクール恒例の年末の「おさらい会」に向けて出演者の有志が事前演奏(度胸試し?)を行うB会がありました。

第2回はコンクール前のものでした。

左・・・B会前の練習風景(立っていらっしゃるのが堀井先生)。
右・・・演奏中(私のミク友の一人、ぶ~ちゃんの演奏)。

b0035524_178748.jpgb0035524_1782267.jpg












私は11番目に・・・、こんなに目の前で聴かれているのはけっこう辛いものがあります(すごい!でしょ)。
でも日頃お客様の家での演奏がこういうところで役にたっています。

演奏後、聴いた人全員から批評を書いたメモが配られます。  勉強になります。。。

b0035524_17122529.jpg
「おさらい会」は12月2日(日) 横浜関内ホール(小ホールのほう)

(プログラムはクリックしますと大きくご覧いただけます。)

出演者、合奏団両方で71組(これもすごいですけど)。

私は独奏の後ろから3人目の68番目。

午前中11時20分開始でも、私の出番は夕方6時前後になる予定です。
(お時間ある方は聴きに来て下さい・・・きょこちゃんも・・・。)

昨年は48番目でしたから少し出世しました(笑)。




もう少しで3位まで戻れそうですが。皆様、また応援お願いいたします。
人気ブログランキングに参加していますが下の↓「ここをクリック」のところをクリックしていただけると票が入ります。ご協力いただければうれしいです(1日1クリックしか票になりません)・・・
ここをクリックお願いします。 (←ぽちっとな)by kyoco-chan

OMソーラーの家「東京町家」も応援お願いします。
by kazuo-nakazato | 2006-11-20 17:19 | クラシックギター | Trackback(4) | Comments(4)