<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

エルナンデス・イ・アグアド


b0035524_13311234.jpg
エルナンデス・イ・アグアド
クラシックギターの名器のひとつ。

30年前に巡り合い手に入れ、その後まったくノーメンテでした。1973年制。
かなりボディーに傷が付いたのと、黒いシミが出て気になり、初めて知り合いのギター制作家にメンテをお願いしました。

彼の工房に持参し、いろいろと所見を聞いたのですが、年月経っている割にはしっかりしているとのこと。
工房に残して、彼にチェックしてもらうことに。

2週間くらいはこのアグアドが弾けない辛さはありましたが。
b0035524_13325422.png
生涯454本しか作ってないのですが、このアグアドは337本目(製作No.は101から)
本体を作っていたエルナンデスが伏せって、アグアドが作った晩年の作品です。
b0035524_13312939.png
30年の練習の跡、硬い黒檀の指板とフレットが凹んでいるのがわかります。
これでも弾くのに問題ない所が凄いです!!
b0035524_13331520.png
有名なアグアドの「てるてる坊主」
ブリッジの裏面(ギターの内部)に必ず描いています。

もうすぐ、アグアドに会えます。
ギター製作家の彼は、「大変勉強になりました」と言ってくれています。

ただ、たまたま弾きすぎて、左手が腱鞘炎で養生中でした。
今後は、余裕を持って練習して行きたいと思った次第です。
アグアドと死ぬまで付き合うためにも・・・・笑。

**************************************************************
↓ギタリストのカミさんのブログです。
(なかなか面白いですよ~)
masuminnBLOG

私を取材していただいた→a House of Colla;J Vol.2




by kazuo-nakazato | 2017-12-16 16:45 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)