銘器

エルナンデス・イ・アグアド

b0035524_19242494.jpg

その姿の優美さ、音色の気品、バランスの完全さ等々、ギターの貴族と言える名品です。弦長は通常660mmですが、ネック幅、厚さ、形状共に良く、張力も適当なので弾き易いギターです。表面板は松ですが、アグアド引退後、再後期のエルナンデスの作品には杉を用いたものが多くなっています。二人が遺したギターは400本に満たず、夫々が所有者の宝となっていて、入手は仲々困難です。
# by kazuo-nakazato | 2004-10-02 19:16 | クラシックギター | Trackback | Comments(8)

江戸川ソーラーキャット

雑誌でよく出たアングルとは違うアングルから撮った外観。小窓の庇はステンレスのシンプルなもので機能を果たしています。
b0035524_1652553.jpg
浴室はハーフユニットバスでOMの空気が下から壁の周りを通って上がります。写真で見えるのはサワラの板です。この裏を空気が通ります。
b0035524_16555155.jpg

階段室の真ん中の壁は普通、親柱といって柱が立ちますので普通の壁の厚みがあるのですが、この壁では薄く仕上げています。
見た目にもスッキリしていて少しでも階段が広くなる効果があります。
b0035524_16563645.jpg
階段室の上は吹き抜けでロフトに繋がっていてOMの空気が循環し、開閉式の天窓で夏などの風抜きもできます。
b0035524_16571084.jpg
# by kazuo-nakazato | 2004-10-02 17:02 | 東京町家 | Trackback(2) | Comments(1)

炭焼き

山梨の甲府の山に匠の会で使える木はないかと視察に行きました。残念ながら製品としてリーズナブルに使える木やそれを供給する体制がないなどで、成果はありませんでした。

ただ炭を作っていて、それで内装材の下地などの製品がありました。炭の効果が室内で期待できそうなので良いと思いましたが、値段がちょっと高すぎました。
その炭を焼いている釜の前で撮った写真です。(実はとても暑いのです)
b0035524_13383479.jpg


木炭を焼いたときの煙から木酢液が抽出できます。
白蟻などに効果があるものです。
# by kazuo-nakazato | 2004-10-02 13:38 | 匠の会 | Trackback(5) | Comments(1)

トラックバック試し

OMソーラーのハンドリングにもいろいろあるが・・・
創建舎では最近北棟ダクトを使い出していますが(熱が小屋裏にたまらない・小屋裏がすっきりするなどで)それに会うハンドリングとしてT型を使っています。
# by kazuo-nakazato | 2004-10-02 09:14 | 創建舎 | Trackback | Comments(0)

画像縮小ソフトありました。

画像容量を縮小するのにインターネットで検索すると「縮小専用」というソフトの無料ダウンロードが有り、すぐにできました。
何でも調べられますね。ありがたいです。感謝!
# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 21:03 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

村治佳織さん

b0035524_20475775.jpg

このきれいな女性ギタリストは村治佳織さん。
まだ15~16歳くらいの時の写真ですが、東京国際ギターコンクールに最年少で優勝した才女でその時期の写真です。
それから10年くらい経っていますが、ますます腕も上がり、美貌も上がりコンサートチケットはいつも売り切れです。
こんなに世間一般に知られたクラシックギターリストは初めてではないでしょうか。
新聞広告やテレビコマーシャルにもよく出ていますしね。
私もファンの一人ですが、10年前くらいにデビューコンサートに行ったきりでチケットもなかなか手に入らずで生の演奏を聴けていません。
# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 20:53 | クラシックギター | Trackback | Comments(0)

こわい壁内結露

グラスウールの断熱材をいい加減に施工すると4~5年後にこうなります。
おおこわ~・・・。
b0035524_2040109.jpg

# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 20:38 | 怖~いお話 | Trackback | Comments(0)

北棟ダクト

OMソーラー搭載の家で、最近取り組んでいる北棟ダクト。
小屋裏がすっきりして広くなり、何よりも集熱した暑い熱が小屋裏に出てこないというのがすばらしい。排気は直接北棟に出しています。
写真でおわかりになれば。
b0035524_20301830.jpg

b0035524_203165.jpg


内部の雰囲気もどうぞ。
b0035524_2031421.jpg

# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 20:30 | 東京町家 | Trackback(2) | Comments(0)

まだむずかしい!

さきほどひとり言の投稿をしたら、どうも間違えたようで匠の会のセミナーの記事を消してしまいました。トホホ・・・。
また急ぎ作り直してアップ。
まだまだですねエ・・・。
# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 18:43 | ひとり言 | Trackback(1) | Comments(0)

セミナーやっと始まりました。

匠の会のセミナーがやっと始まりました。9/18(土)に第一回目が開催されましたが、講師は言いだしっぺの私。
募集はこれもやっとの思いで先の4月から始まったメルマガで行いましたが16組22名の応募でした。
テーマは「断熱にこだわった樹の家」でしたが何と欠席者はゼロ。皆さん一所懸命な方々ばかり。感激しました。
2時間という設定でしたが、後のアンケートでは短かったというご意見が多かったのが以外でした。
専門の講師ではありませんので水のように流れるような講演ではありませんでしたが、皆さん大目に見てくださったようで一安心でした。
これから毎月一回勉強会としてのセミナーが行われます。
来月は中部大学の塚越教授による、「揺れを制する家」と題して、制震の講演があります。
塚越教授は建築の地震学では第一人者で、今話題の免震住宅の問題点などもお話されます。
教授によりますと20年くらい前には研究者の80%は免震にシフトしていたそうですが、今では逆に80%位の研究者が制震に取り組んでいるそうです。
教授の開発した制震装置を搭載した住宅を匠の会が朝日新聞で近く発表します。
お楽しみに。
b0035524_18344750.jpg

# by kazuo-nakazato | 2004-10-01 18:33 | 匠の会 | Trackback | Comments(0)