離瓦、敷瓦(藤岡瓦)

b0035524_9163277.jpg屋根舞台という新屋根開発集団が有り、新しい瓦や屋根の創作をしていますがその代表の 小林 保さん がデザインされた 離瓦が左の家の屋根に葺かれています。
「瓦、透いていたらきれいだろうな」との思いから防水という役目をなくして、瓦と瓦の縦流れ方向の間が離れてきれいな屋根を形作っています。
防水の役目はその下のガルバリウム鋼板瓦棒葺きが担っています。
離瓦は外断熱の役割もしているとのことです。

b0035524_931637.jpg

敷瓦です。大きな敷瓦は割れないように焼くことが難しいとのことでとても手間ひまかかりかなり高額なものになってしまうようです。30cm×100cmくらいで10数万円とのことでした。
玄関わきの壁に埋め込まれているのは敷瓦の裏をわざと見せているものですb0035524_9323366.jpg








                          玄関内外の敷瓦です。
                            とてもきれいでした。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-22 09:41 | 匠の会 | Trackback | Comments(1)

すいか

b0035524_13522160.jpg「おかえり!」と昨晩も迎えてくれました。
「すいか」、通称「すい」。

家内に救われてから13年は経っていますので、推定18歳くらいのはず。
実はもう耳はほとんど聞こえないようです。
でもそれを感じさせないほど、他の感覚で補っているようです。
長生きしてほしいです。

今朝、外の白の友達が「ごはん ちょうだい」と来ました。
写真は撮れませんでしたが、太っていて元気でした。
ほっとしました。

今日も嫌われたかぁ?
# by kazuo-nakazato | 2004-11-21 14:00 | 娘とスイカ | Trackback(1) | Comments(0)

ほんまもん-2

b0035524_211112.jpg本物のいぶし瓦を見てきました。匠の会の総会の翌日の行事(まじめでしょう)です。群馬県藤岡瓦です。
たった一人で瓦を一枚一枚ヘラで磨き上げ、天日で乾燥させ、松の薪を主として焼き上げます。
機械で型を作り、ガス窯で焼く現代の方法と違い、ほんとの手作りです。

日本ではこうした昔ながらの手法で窯で焼いているのは2箇所しかないそうで、そのひとつが左の 五十嵐 清 さんです。

その後ろにあるのが「達磨窯」で、この窯を作る人も今ではいないということで、五十嵐さんが自分で修理しながら使い続けているとのことです。
b0035524_21142746.jpg

b0035524_21122317.jpgこうして出来上がったいぶし瓦は艶があります。
工場で作った瓦を隣に置いて比べると美しさの違いがはっきりとわかります(写真では無理)。

また水に浸けると工場品はなかなか乾かないけれど、五十嵐さんの瓦はすっと水がひきます。保水しているとのことです。しかし下には湿ってこない。
おどろくことに調湿して野地板にやさしい瓦となるとのことです。

ただ残念ですが、10日で1000枚しか作れないとのことで(40坪の家で2500~3000枚くらい)、注文が詰まって一年くらいの納期がかかるとのこと。匠の会の工務店が一社その場で一年後の注文をしていました。
路上採取  スレート瓦
# by kazuo-nakazato | 2004-11-19 21:26 | 匠の会 | Trackback | Comments(2)

ほんまもん-1

b0035524_20523054.jpg匠の会で25周年記念臨時総会を草津で開きました。

水増しが多い温泉でも草津なら大丈夫だろうと「ほんまもん」の温泉を選びました。

湯畑からは熱い(80~90度くらいと聞きました)源泉が沸き、木の箱の道中を経て温度が下がり(60度くらいと聞きました)各旅館やホテルに配られるようです。




b0035524_20583227.jpg

# by kazuo-nakazato | 2004-11-19 20:59 | 匠の会 | Trackback | Comments(0)

25周年

b0035524_20462034.jpg匠の会が25周年を迎えました。朝日新聞広告局に支援されながらもこれほど続いた工務店の組合はないと思います。
夜の宴会までも喧々諤々と論争しているような超まじめな協同組合です。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-19 20:51 | 匠の会 | Trackback(3) | Comments(0)

外の友達-2

b0035524_22155898.jpg最近白の友達が見えなくなりました。どうしたのかな?
代わりにこのわんぱく坊主みたいのが時々くるようになったのだけど、白がこの子に追いやられたのでしょうか。
やはり伊礼さんが言っていた流行風邪で死んでしまったのでしょうか。
気になります。
このわんぱく坊主もいつまでも「ごはん ちょうだい」と来ればいいのですけど。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-15 22:21 | 外の猫たち | Trackback(1) | Comments(2)

OM(おもしろくない、もったいない)

b0035524_18491694.jpg
一年くらい使っていた髭剃り(右側)ですが、替え刃がもう近くでは売られていません。
本体はまだしっかりしているのに電気髭剃りは嫌いなので、しかたなく別の新しいもの(左側)を買いました。
ホルダー部がまったく違って新しい替え刃を古いものに取り付けは不可能です。(メーカーが違っても同様です)

OMソーラーは「おもしろい、もったいない」ですが、「おもしろくない、もったいない」です。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-12 18:55 | もったいない | Trackback | Comments(0)

サクラ・サク(学科編)

b0035524_8123252.jpg三度目の正直、何とか学科がうかりました。

←ボケていますが、1・2回目の点数が見えます。今回は何点かわかりません。

次回から路上に出ての試験です。
さんざん運転してきて慣れているはずですが、進路変更して右左折するだけでも
方向転換する3秒前に方向指示器を出す、だとか交差点の30m前から進路変更
するなどと注意し出すと・・・・。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-12 08:18 | 運転免許騒動 | Trackback | Comments(2)

仮免許中-2

今朝も一番で免許の学科試験を受けました。また落っこちました(89点)。
後一点でした。(/_ ;)
しかし、今回は時間の余裕があったので見直しが出来たのですが、一番目の問題が気になり出して最後に訂正してしまいました。
これがと出てしまったのかもしれません。

一番目の問題は下記のような内容でした。
「路上で負傷者が出た場合、むやみにすぐに動かさず、ガーゼやきれいなハンカチなどで止血するなどできるだけ応急処置をする。」

私は始めは素直に「正解」としたのですが、見直したときに「誤」と修正してしまいました。
応急処置は素人がやってはダメなのではないか。それよりも救急車をすぐに呼ぶということが正解と要求されているのではないか?と考えてしまったのです。

何が正解か何を回答と要求しているのかわかりませんよね。
これを直さずにそのまま提出していたら・・・90点?

こんな調子の問題が10個くらいあって、「常識でいいじゃない!」と言いたくなる思いでした。
悔し紛れの気持ち。
でも次回では必ず合格します。(ちゃんと時間かけてテキストで勉強するので)↓(勉強中)
b0035524_18464521.jpg

# by kazuo-nakazato | 2004-11-08 18:49 | 運転免許騒動 | Trackback | Comments(2)

仮免許中


b0035524_17123474.jpgなんと、昨年12月に運転免許が期限切れているのを気づかず、失効させてしまいました。
無制限の自動二輪の免許も(ああ~もったいない!)
一年までは経っていなかったので仮免許だけはもらえました。
しかしこれって運転経歴3年以上の人が同乗し、一日2時間以内で計10時間以上路上運転練習した後でないと学科試験がうけられないのです(つまり普通には運転できない)。
ということで、実は本日午前中に学科試験受けました。



33年前に受けたときは楽勝に行ったのでタカをくくっていたのですが、何と不合格!
75点(90点以上合格)。2~3割くらいの人たちしか受からなかったです。
とても昔と違って難しくなっているようです(当時は半分以上合格していたと思う)。
しかも50分の時間内でやっと間に合った状態。(; ;)






b0035524_16262669.jpg



ということで急きょ、学科問題集を買い込みました。
8パターンくらいあるようですが、いやいやとても難しいです。

(たぶん実技も思いやられるだろうな。)
今日みたいな日には年は取りたくないと実感します。

いや~、車ないと不便です。
# by kazuo-nakazato | 2004-11-05 16:33 | 運転免許騒動 | Trackback | Comments(0)